大ヒットタイドラマ「2gether」が映画化! 胸キュンな名シーンが詰まった予告編が公開(映画.com)

出典元:映画.com

人気タイドラマ「2gether the series」(トゥゲザー ザ・シリーズ)が「2gether THE MOVIE」として映画化され、6月4日からTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開されることがわかった。あわせてタイ版予告編(日本語字幕付き)とティザービジュアルもお披露目となった。

【動画】「2gether THE MOVIE」タイ版予告編(日本語字幕付き)

 本作は、20年2月にタイでオンエアされるや、主演俳優たちの瑞々しい演技や、見事に伏線回収されるストーリー展開が注目を集め、人気が沸騰。物語中盤にはTwitterの世界トレンド1位を記録し、最終回放送後は480万件というツイート数で再び世界トレンド1位を獲得した。

 映画版は、ドラマ「2gether the series」(全13話)をベースに、スピンオフ特別編「Still 2gether」(全5話)の要素をプラスし、さらに新規撮りおろし、主人公ふたりの心情を語るボイスオーバーを追加。ファンはもちろん、まだドラマを視聴していなくても楽しめる“完全版”となっている。

 公開されたタイ版予告編では、大反響を呼んだドラマの名シーンがフラッシュバックしていく。可愛い女の子とのバラ色の学園生活を夢見ていたタインは、同級生の男子から猛アプローチを受け、困り果てた末に、学校一のイケメン・サラワットに“ニセの彼氏”になってもらう。恋人を気に掛けるフリや、愛の言葉をささやくフリ。その態度や言葉はすべて“フリ”だとわかっていても、サラワットの温かな一面に触れるうち、タインの心に不思議な感情が芽生えていく。

 映画化決定を受け、サラワット役を演じたブライトは、「映画の撮影中は、自分自身が「より大人のサラワット」になったと感じました。ずっと前から知っていた彼、サラワットの成長した姿を見られてとても感慨深いです」とコメント。タイン役のウィンも、「映画ではより大人になったタインとサラワットの姿を観られます。僕たちの物語をお楽しみに!」と語り、映像には少し大人になったふたりが、正装姿で車でどこかへ向かう様子が収められている。

 前売り券は、4月16日から劇場窓口、メイジャー(https://www.major-j.com/)、ムビチケ(https://mvtk.jp/)で発売。さらに同日から、グッズ引換券付きムビチケコンビニ券が、全国のローソン、ミニストップ店内のLoppiにて発売される。詳細は、4月12日に公式ウェブサイトにて掲載予定。

 ブライト、ウィンのコメント全文は以下の通り。

◆ブライト(サラワット役)

ファンの皆さんに愛されている「2gether」シリーズが映画になり、幸せです。まるでドラマの放送を楽しみにしていた頃に戻ったみたいですが、その時とは一味違った視点で違った気分を感じています。シリーズのファンの皆さんにとっても素敵な経験になると思います。映画の撮影中は、自分自身が「より大人のサラワット」になったと感じました。ずっと前から知っていた彼、サラワットの成長した姿を見られてとても感慨深いです。この映画が日本のファンの皆さんの心も幸せと喜びで満たし、楽しんでもらえることを願っています。またとないこの機会を一緒に盛り上げて、タインとサラワットをスクリーンに呼び戻しましょう!

◆ウィン(タイン役)

「2gether」シリーズが映画になることをとても嬉しく思います。映画化を最初に知った時はかなり驚きました。もう二度とタインを演じる機会はないと思っていたので、映画でまた役に戻ることができたことも良かったです。映画スタイルの撮影はとても新鮮な経験でした。普段は複数のカメラで撮影されることが多いのですが、今回はカメラが1台だったのでより細かいところまで気を配った演技をする必要がありました。大きなスクリーンで上映されるので、すべてが詳細に映りますからね。この映画が日本でも上映され、日本のファンの皆さんにも観て頂けることがとても幸せです。日本のファンの皆さんにもそう思ってもらえると嬉しいです。映画ではより大人になったタインとサラワットの姿を観られます。僕たちの物語をお楽しみに!

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。