『天国と地獄』日高と彩子の間に「信頼」という愛が生まれたのはいつからか(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

「捕まるなら、あなたが良かった」――互いの胸ぐらをつかみ合い、至近距離で見つめ合いながら、低音でささやかれたそのセリフ。森下佳子脚本×綾瀬はるか×高橋一生出演のTBS日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』(毎週日曜21時)の第9話ラストで交わされた、まるで愛の告白のようなセリフには、視聴者が盛大にざわついた。

【写真】『天国と地獄』ついに最終話 彩子吠える「待ってろ、日高!」

 真面目で努力家で上昇志向が強く、融通が利かない刑事・望月彩子(綾瀬)と、連続殺人事件の容疑者とされるベンチャー社長の日高陽斗(高橋)の入れ替わりが描かれた同作。緻密かつ重厚な森下佳子脚本ゆえに、何が正義で何が悪かわからない深い人間ドラマになるだろうとは思っていたが、最終回直前で元通りに再び入れ替わった2人の間には、確実になんらかの愛情が芽生えていることがわかる。

 「この際、2人仲良く地獄行きといきましょうよ」と言う彩子に対して、「何も2人して地獄に行くことはありませんよ」と両手を差し出す日高。彩子は言う。「絶対に絶対に助けるから」

 そうした展開について、SNSでは「天国と地獄みてるんだけど恋愛感情芽生えちゃった系(?)」「天国と地獄を恋愛ドラマのテンションで見てるけど多分仲間いっぱいいる」などと“恋愛”と見る人がいる一方で、「望月と日高の間に生まれた強い心のつながりが、恋愛感情じゃないのがとてつもなく良い」「むしろ恋愛感情が無いのにあそこまで一生懸命になれるほうがアツいんじゃん…派」「最終回も恋愛要素なかったら天国と地獄はけっこういいバディものになるんじゃないか」と、“恋愛感情否定派”は実に多い。実際、どうなのか(ぜひとも恋愛じゃない愛であってほしいし、おそらく森下佳子脚本ならそうするはずだと半ば確信しているが)。

 まだ解決されていない謎はいろいろあるが、もう一つ気になるのは、2人の間に強い信頼関係・絆といった、ある種の愛が芽生えていったのはいつからなのか。最終回目前に振り返ってみたいと思う(※表記がややこしいので、以下の人物名は、全て「魂」としての人名で統一している)。

 まず第2話。入れ替わってしまった後、「私と協力して容疑を晴らして無罪放免になる道を選びますか」と日高に問われた彩子は「あなた、殺したのよね? 容疑を晴らすっていうのはやっていない人の使う言葉よ。やってないの? ひょっとして」。…今思えば、あれだけ抜かりなく頭のまわる日高が、ポロッと言葉を誤るとは思えない。

 これはもしかして彩子という人間の真っすぐさに対する信頼で、日高のSOSだったのか。その場合、以前から日高は彩子を知っていて、入れ替わりに選んだとしか思えない(とはいえ、第3話では「だからあなただったんですね。そうか、だから私はあなたと入れ替わったんですね」と気になる言葉をつぶやいていた)。

 第3話。手袋のことで追い詰めているかに見えた日高が、実は手袋についたDNAを分解していたらしき可能性が浮上する。本人にもそれとは気づかせぬよう彩子を救おうとしていたのではないか。だとしたら、本人にそれを悟られてはいけない理由がある。つまり、本当の黒幕が近くにいたということか。

 第4話。日高が妹・優菜(岸井ゆきの)や会社の部下たちに慕われていることを知り、どうしても殺人犯と結びつきにくくなった彩子が、ストレートな質問をぶつける。「どうして人殺しなんかするの?」それに対する日高の答えは「ただ突然殺したくなるんです」。笑顔で答えた日高は、自身と真っすぐに向き合ってくれる理解者が現れたことに対して、思わず安堵(あんど)してしまったように見える。

 そこから陸(柄本佑)と、陸の師匠・湯浅(迫田孝也)が物語に一気に深く絡んできて、湯浅が日高の双子の兄・東朔也だったこともわかってくる。

【広告】


コメントは受け付けていません。