【バイプレイヤーズ百名鑑】相島一之「漣さんが作品の中心に生きているんだなぁ」(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

【写真】『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』に出演する相島一之

◆File No.075 相島一之

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第10話で相島は、任侠映画『アウトローの森』とホラー映画『恐怖学校の怪談新聞』に出演する、常にハイテンションで速水もこみちと今野浩喜からめんどくさがられているが本人は気づいていない、連ドラから再現ドラマまで出まくりの多忙なバイプレ“相島一之”役を演じた。

 「ずっとバイプレイヤーズに出たかった!」と初出演の喜びを語る相島。「共演の俳優たちもみんな仲間で、しかもみんなが一堂に会することなんて滅多にないから、どこか同窓会みたいな空気があり、仕事しているのかみんなで遊んでいるのかわからない楽しい現場でした」と撮影を振り返る。

 「脚本を読んだ時に声を出して笑ってしまいました。よく僕のことを調べてくれてるなと」と劇中の本人役について感想を明かし、「脚本の中で、自分ではこんなことはしないと思っても、今までのバイプレイヤーズの歴史があるから安心してフィクションとしての相島一之役をやらせてもらうことができました。リアルとフィクションが混じり合う不思議な感覚でした」とコメント。さらに「ハーモニカをたくさん吹けて楽しかったです」とも。

 「作り手たちがバイプレイヤーズを愛していて、出演者たちもバイプレイヤーズであることに誇りを持っていることが最大の魅力」と感じたそうで、「そしてみんなが大杉漣さんを愛している。バイプレイヤーズにスポットライトを当ててバイプレイヤーズを生み出した漣さんが作品の中心に生きているんだなぁと。今回参加してそう思いました」と大杉漣さんに対するみんなの思いを代弁した。

★相島一之/1961年11月30日埼玉県出身。大学在学中に俳優活動を開始、1987年に東京サンシャインボーイズに入団し、その後三谷幸喜作品をはじめ舞台、ドラマ、映画と幅広く活躍。代表作に、『ショムニ』シリーズ、『やまとなでしこ』(ともにフジテレビ系)、大河ドラマ『新選組!』、連続テレビ小説『エール』など。現在舞台『Oslo』に出演中。ブルースハープの名手としても知られ、音楽活動にも精力的に取り組む。

●『バイプレイヤーズ』第10話プレイバック

 バイプレイヤーがYouTuberになる!? 100人ものバイプレイヤーが集まり制作している任侠映画『アウトローの森』。スポンサーが降り、クラウドファンディングで出資金を募ることになったが苦戦していた。そこで、出演キャストがYouTuberとして個々にチャンネルを開設し、出資金を募ることに! 各々が動画を投稿して話題になるが…。まさかの“あの男”が現れて奇跡を起こす!?

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。