乃木坂46・3期生単独舞台が開幕! 梅澤美波「成長した私たちを見せていきたい。お楽しみに」(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

乃木坂46の3期生が出演する舞台「見殺し姫」が、本日10月6日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕。これに先がけ、ゲネプロと囲み会見が本日行われた。

【写真】乃木坂46・3期生単独舞台が開幕! 梅澤美波「成長した私たちを見せていきたい。お楽しみに」(他14枚)

囲み会見には舞台で着用する色鮮やかな衣装に身を包んだ、伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希の12人が出席。まず伊藤が自分の役所について「浮洲(うきす)という役をやらせていただきます。この役はみんなの前に立って引っ張っていくような存在です」と語ってから、「小学生のときは生徒会長をやらせていただいてたので、今回の役もがんばって、将来的には3期生とともに乃木坂46を引っ張っていける浮洲のような存在になりたい」と役柄と自身の気持ちを照らし合わせながら説明した。その後、山下が「私の沙霧(さぎり)という役は、一言でいうと”覗き魔”なんです。今回の舞台は一人一人実際の性格にあった役を(同舞台の脚本・演出を手がける)松村(武)さんがあててくださったんですけど、『なんで私、覗き魔なんだろう?』」と疑問に感じたことを明かした後で、「『あっ、目だ!』と思って(笑)。よく目が大きいと言われるから覗いてるように思われるのかなって。やっとこの舞台で自分の目力を活かすことができたなと思います」とコメントした。その後もメンバーそれぞれが自分の役所を語っていく中、大園は自分の番を終えるとホッとしたのか大粒の涙を浮かべていた。

その後、記者から「今回の舞台は平安時代のお姫様の物語ですけど、現代のお姫様になれるとしたら、どんなことをしたいですか?」と質問が投げられると、先陣を切って梅澤が「お金持ちだと思うので(笑)。お洋服が好きなので、お店で”端から端までください”みたいな買い物をするとか、メンバーを呼んでパーティをしたいです」と笑顔で回答。その後で与田は「浪費癖がすごいって言われるんですけど…こないだ貯金を始めたんです」と明かしてから、すかさず「(姫になったら)貯金をやめたいです(笑)」と素直な思いを語り、記者陣を笑わせた。その他にも伊藤が「美味しいスウィーツをお腹いっぱいに食べたい」と話し、中村は「お姫様は頼んだら多分なんでもできるってイメージがあって。私はいち早く雲に近づきたいので、最先端技術を駆使してどうにか雲になりたいです」と笑顔で口にした。

また「3期生のみなさんは先月、乃木坂に加入して1周年でしたが、芸能界には慣れましたか?」と質問が飛ぶと、大園は「喋るのは慣れてません」と謙虚に話してから、「歌うのは慣れました」と笑顔で自身の成長を語る。その後で佐藤は「全体的にダンスを覚えるのが早くなった」とグループ全体の成長をアピールしていた。「仕事以外で大変なことは?」という質問に切り替わると、向井が「自分の体型維持を気にするようになりました」と話し始め、「体型維持することは人間として良い成長をさせてくれると思います」「もうすぐ行われる乃木坂の新潟公演でも”綺麗になったね”と言われたい」と声を弾ませていた。

そして最後にメンバーを代表して梅澤が「半年前に『3人のプリンシパル』をやらせていただいたんですけど、その時は舞台に立てる子、立てない子がいて、今回は12人で舞台に立てることがありがたく思います」とこみ上げる思いを口にし、「単独ライブだったり、先輩たちと一緒にまわらせていただいた全国ツアーを経験して、成長した私たちをこの舞台で見せていきたいです。”まだまだ3期生はできるんだぞ”っていうのを皆さんに観て帰っていただきたいと思います。お楽しみに」と力強くアピールし、記者会見を締めくくった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です