日本・サウジアラビア合作「ジャーニー」6月公開 古谷徹、神谷浩史ら出演の予告編公開(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

東映アニメーションと、サウジアラビアのアニメ制作会社マンガプロダクションズが共同制作する劇場アニメ「ジャーニー」の予告編が披露され、日本では2021年6月に公開予定であることが分かった。

 同作は、古代アラビア半島の歴史を題材にした長編アニメーション。「シドニアの騎士」の静野孔文が監督を務め、キャラクターデザインをゲーム「逆転裁判」シリーズの岩元辰郎、音楽を和田薫が担当している。静野監督は、「『ジャーニー』はサウジアラビアと日本のスタッフが総力をあげて完成させました。映像、音楽どれをとっても両国の文化が融合した作品となっています」とコメントを寄せている。

 予告編では、アウス役を古谷徹、ヒンド役を三石琴乃、ズララ役を神谷浩史、ニザール役を中村悠一、ムサブ役を中井和哉、アブラハ役を黒田崇矢が演じることが伝えられ、アウスが自分の家族を守るために過酷な戦いに身を投じる姿が描かれている。

 21年5月に中東・北アフリカ地域のVOXシネマズ、6月に日本のT・ジョイで上映予定。サウジアラビアの映画としては初めて4DXで上映される。

【広告】


コメントは受け付けていません。