配信停止となっていた『還願 DEVOTION』がDRMフリー形式でリリース!(IGN JAPAN)

出典元:IGN JAPAN

SteamやGOG.comで配信停止となっていた名作ホラーアドベンチャー『還願 DEVOTION』が、DRMフリー形式で販売開始されることとなった。開発元であるRed Candleによるストアページがオープンしている。対応プラットフォームはPCで、価格はゲーム本編が$16.99(約1860円)。ダウンロード版のみの販売となる。※ストアページにうまく遷移しない場合はURLの直接入力をお試しください()

「還願 DEVOTION」画像・動画ギャラリー

言語は日本語にも対応しているとの表記がある(音声吹き替えは対応なし)。『還願 DEVOTION』と『返校 DETENTION』がセットになったコンプリートエディション、オリジナルサウンドトラックがセットになったバンドル版もラインアップされている。セット商品を購入すると、10%~20%の割引があるようだ。
本作は2019年初頭にリリースされた作品で、台湾の80年代を舞台としたホラーアドベンチャー。そのビジュアル、演出、ストーリーテリングで高く評価され、IGN JAPANのレビューでは9.8点のスコアを獲得している。
しかし中国の習近平を揶揄する文言がゲーム内のオブジェクトに発見され、中華圏で論争が巻き起こった。結果、わずか1カ月も経たずに本作はSteamなどのストアから引き上げられ、2020年の12月にはGOG.comにて復活を果たすも、それも当日のうちに引き下げられてしまっていた。今回、DRMフリー形式でリリースしたことはこのようなトラブルの回避策になるとともに、コピーの制限をかけずとも、期待するファンの多さから売り上げが見込めると踏んでのリリースと考えられるだろうか。ファンにとって嬉しいニュースとなったことは間違いない。

修正(2021/03/15):記事タイトル本文中で「著作権フリー」となっていた部分を「DRMフリー」に修正しました。DRMが管理する部分は著作権の範囲の一部のため、誤解を招く表現になっていました。ご迷惑をおかけしまして申し訳ありません。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。