盾が葛藤を与え、感情的にする――「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」脚本家が明かす2人の物語(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

マーベル・スタジオ制作の新オリジナルドラマシリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」が、Disney+で3月19日から日米同時配信される。新たなキャプテン・アメリカを巡る本作について、脚本家マルコム・スペルマンのコメントをもとにストーリーを紐解いていく。

【画像】過去には…キャプテン・アメリカの楯を持つスパイダーマン

 主人公は、アベンジャーズのメンバーとして共にキャプテン・アメリカと戦ってきた、人工の翼を駆使する空飛ぶ戦士ファルコン/サム・ウィルソン(アンソニー・マッキー)に加え、かつては洗脳され暗殺者となっていたものの、本来の人格を取り戻し、長年の親友であるキャプテン・アメリカと共に戦うようになった超人兵士ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)が主人公となる。

 2人の戦友であり、アベンジャーズを率いてきたキャプテン・アメリカが去った世界で、彼の象徴ともいえる盾(シールド)を託されたファルコン。キャプテン・アメリカが担ってきたリーダーシップや、平和を守る責務を背負い切れないと悩みはじめるが、やがてウィンター・ソルジャーと共に世界を揺るがす壮大な戦いに巻き込まれていく。

 ストーリーを担当した脚本家のマルコム・スペルマンは、初めてフォーカスされる2人の関係について「共通の親友を取り払うことで、真の彼らの関係が生のままそこに残る」と語る。「アベンジャーズ エンドゲーム」からそう離れていない時間から始まり、「サノスはいなくなり、40億人が5年を経て戻ってきた。でも、世界中がまだ混乱を感じている。すべてはそこから生まれる。その状況から悪者も生まれるし、ヒーローもそんな世の中に対処しないといけない。それがストーリーを牽引している」と説明する。

 さらに、本能で自発的に行動するタイプのファルコンと、冷静で計画的なウィンター・ソルジャーという“火と水”のように相容れない性格の2人について、「2人も5年間いなくなって、戻ってきた。そして今、彼らはMCUで起こったすべての出来事を思い返している……。死や冒険や、いなくなった友達。全6話の中で、彼らはそれに向き合っていく。さらに彼らはスティーブ(キャプテン・アメリカ)を失ったことにも向き合わなければならない」とストーリーに触れる。

 「それが自分個人にとって、また2人の関係においてどんな意味を持つのか。この2人は本当に友達なのか、それとも、彼らはそれぞれスティーブの親友だったにすぎないのか、この2人でうまくやっていくことはできるのか。シールドの存在が、それらの葛藤を表面化させるのか、シールドは最終的に誰のものになるのか。予告編でも感じたと思うけれど、そこははっきりしない。でも、シールドは彼らにたくさんの葛藤を与え、彼らを感情的にするんだ」と本作のヒントを明らかにした。

 公式YouTube(https://youtu.be/So33u3VdMps)では新たな予告編が披露され、そのなかでもキャプテン・アメリカから受け継いだ盾の重要性を伝えるシーンが収められているほか、2人の微妙な関係性も見てとれる。

 「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は、Disney+で3月19日から日米同時配信。

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。