吉永小百合主演「いのちの停車場」 松坂桃李、広瀬すず、西田敏行と寄り添う“家族写真”ビジュアル&場面写真(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

女優の吉永小百合が初めて医師役に挑む「いのちの停車場」のメインビジュアルと場面写真5点が一挙にお披露目された。在宅専門医・白石咲和子を演じる吉永をはじめ、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行ら「まほろば診療所」のメンバーが寄り添う、家族写真のような愛に溢れたカットがおさめられている。

【フォトギャラリー】場面写真5点も一挙お披露目

 成島出監督(「八日目の蝉」「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」)が、都内の終末期医療専門病院に勤務する現役医師であり、作家としても活躍する南杏子氏の同名小説を実写映画化。日本の長寿社会における現代医療制度の問題点やタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師、患者、その家族を描いている。

 都内の救命救急センターで働いていた咲和子は、ある事件をきっかけに故郷の金沢へ戻り、在宅専門医として「まほろば診療所」で働き始める。院長の仙川徹(西田)、亡くなった姉の子・翼を育てながら働く看護師の星野麻世(広瀬)、東京から咲和子を追いかけてやってきた医大卒業生の野呂聖二(松坂)も加わり、いつしか「まほろば」は、咲和子にとってかけがえのない存在に。穏やかな時間を過ごすため、自分らしく生きるため――様々な理由から在宅医療を選択した患者やその家族と向き合ううち、咲和子は“命の終わり”に心地よく寄り添う医療とは何か、深く考えるようになる。

 場面写真には、「まほろば」メンバーが集い、日々の出来事について語り合う憩いの場「BAR STATION」で食卓を囲む和やかなシーンを活写。さらに、野呂からのプレゼントである“魔法のスティック”を大事そうに抱えてベッドで横になる少女・若林萌(佐々木みゆ)が、野呂と麻世にある相談を持ちかける場面も切り取られている。難病を患いながらも一途に生きようとする萌と懸命に向き合いながら、悩みもがく野呂と麻世。劇中ではそんなふたりの思いとともに、揺れ動く関係が繊細に描かれる。

 またゴミの散乱する並木徳三郎(泉谷しげる)の家へ、初めての診療に訪れた咲和子が、長年勤めた救命救急医の現場では考えられなかった患者の“要求”に面食らい、在宅医としての難しさに直面するさまも写し出されている。さらに病に苦しむ父・白石達郎(田中泯)からのある重大な相談について、雪の降るなかでひとり思いをめぐらせる咲和子を、麻世が正面から見つめる姿も。本作のテーマでもある“家族”、そして“いのち”について、深く考えさせられる重要なシーンに仕上がっている。

 「いのちの停車場」は、5月21日に全国公開。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。