『戦場のメリークリスマス』貴重なポスターが盗難 展示中止に(オリコン)

出典元:オリコン

東京・新宿武蔵野館で開催していた、大島渚監督の代表作である『戦場のメリークリスマス』、『愛のコリーダ』の公開記念特別ポスター展で15日朝、展示物のポスターが1枚、持ち去られる事件が発生した。

【場面写真】『戦場のメリークリスマス』『愛のコリーダ』

 松竹ヌーヴェル・ヴァーグを生み、差別や犯罪など、社会の歪みと闘い続けた熱き映画監督、大島渚。彼の最大のヒット作『戦場のメリークリスマス』(1983年)と最大の問題作『愛のコリーダ』(76年)をデジタル素材に修復し、『戦場のメリークリスマス 4K修復版』を4月16日から、『愛のコリーダ 修復版』を4月30日から、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次“連続”公開する。これに先立ち、新宿武蔵野館でポスター展を開催していたのだが、今回の盗難被害を受け、劇場ともに協議した結果、展示を中止することになった。

 このポスター展では、大島渚プロダクションの厚意により特別に貸し出された、両映画の初公開当時の世界各国の貴重なオリジナルポスターが記念展示されていた。今回、ポスターケースのネジを外して、持ち去られていたのは、『戦場のメリークリスマス』の場面が切り取られた、1点しかない大変貴重な海外ポスター(画像参照)。本日16日に新宿警察署に被害届を提出する。

 中止になったポスター展に代わり、現在、劇場と協議の上、レプリカを使った展示を検討中。なお、本件に関して情報をお持ちの方は配給会社アンプラグド(TEL:03-6434-7460)まで連絡を。

 今回の『戦場のメリークリスマス 4K修復版』、『愛のコリーダ 修復版』の上映は、大島渚監督作品が2023年に国立機関に収蔵される予定のため、最後の大規模ロードショー公開として企画されたもの。後世に多大な影響を残し、鮮烈な印象を多くに人に与えた日本が誇る鬼才、大島渚作品が鮮明になってスクリーンで観られる貴重な機会となる。

【広告】

↓  ↓  ↓


コメントは受け付けていません。