NetflixのCGアニメ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』のストーリーなどが公開!レオンとクレアの吹き替えはRE:2でおなじみの2人に(IGN JAPAN)

出典元:IGN JAPAN

Netflixオリジナルの3DCGアニメ『バイオハザード: インフィニット ダークネス』の場面写真やあらすじ、日本語吹き替えキャストなどが公開された。本作はレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション。レオン役に森川智之、クレア役に甲斐⽥裕⼦と『バイオハザード RE:2』の日本語ボイスでおなじみのタッグがアニメでも吹き替えを担当することになった。
アニメはNetflixで2021年に全世界独占配信される。

「BIOHAZARD:Infinite Darkness」画像・動画ギャラリー

初公開のティザーアート第2弾ではスーツを着たレオンと、ライトを持ってなにかを探しているクレアが描かれている。2020年に公開されたティザー動画でも見られたビジュアルだ。レオンがスーツを着ているのは「バイオハザード」シリーズ”初”になるらしい。
ティザーアートでゾンビたちが向かっている場所はホワイトハウス。ホワイトハウスは本作において重要な舞台のひとつになるそうだ。ホワイトハウスで偶然再会したという、レオンとクレアの新たな場⾯写真も公開された。
初公開の場面写真2枚は以下の通り。

あらすじについても公開された。舞台となるのは2006年で、ナンバリングタイトルでいうとゲームのバイオ4とバイオ5本編の間の物語となっている模様。
公式のあらすじは以下の通り。

2006年、アメリカ合衆国の象徴、ホワイトハウスが何者かにハッキングされた。⼤統領管轄の極秘ファイルに不正アクセスの痕跡が⾒つかったのだ。捜査のため召集された合衆国エージェントのレオン・S・ケネディ達は、突如停電したホワイトハウス内で正体不明のゾンビ達と遭遇、SWATと共にそれらを制圧する。⼀⽅、テラセイブの職員クレア・レッドフィールドは難⺠⽀援のために訪れた国で、失語症の少年が描いた奇妙な絵と出会う。ウィルス感染者を描いたと思われるその絵をきっかけに独⾃の捜査を進めるクレア。翌朝、福祉施設建設の陳情のためホワイトハウスを訪れたクレアは偶然再会したレオンを⾒つけ、少年が描いた画を⾒せる。ホワイトハウスでのゾンビ事件と奇妙な絵の関連性に何かを悟るレオンだったが、クレアには関係ないと⾔ってその場を⽴ち去る。遠く離れた国で起こった2つのゾンビ発⽣事件は、やがて国家を揺るがす事態へと発展していく。

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』は公式には「連続CGドラマシリーズ」とされている。また、製作・原作監修には初代『バイオハザード』からシリーズに関わってきたカプコンの⼩林裕幸プロデューサーが参加する。制作プロデュースはトムス・エンタテインメント。フル3DCGアニメーション制作は2017年の『バイオハザード:ヴェンデッタ』でも知られるQuebicoが担当する。
吹き替えキャストの森川智之と甲斐⽥裕⼦の2人からメディア向けにコメントが届いているので以下に掲載する。

レオン・S・ケネディを演じます森川智之です。『バイオハザード』初の連続CGドラマシリーズということで、また戦いの⽇々がやって来るのかと思うと、早くも胸の⾼鳴りが抑えられない状態です。表題のインフィニットダークネスとはいったいどういう意味を持つものなのか、新たなドラマでのレオンの活躍にご期待ください!

作品が出るたびに美しくなっていくグラフィックにどんどん恐怖が増します。そしてついにドラマ化!? レオンとクレアにどんな展開が待っているのか楽しみです。昔プレステ版の2で⽝に追い詰められ叫びながらプレイしてたのが懐かしい、恐怖に耐えられるでしょうか。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。