おいでやす小田、地上波ドラマ初レギュラー決定!キレ口調のマンガ編集部デスク役(お笑いナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:お笑いナタリー

4月1日(木)にスタートする新ドラマ「カラフラブル ~ジェンダーレス男子に愛されています。~」(読売テレビ・日本テレビ系)に、おいでやす小田の出演が決定した。小田が地上波ドラマにレギュラー出演するのはこれが初めてだ。

【画像】左から町田和子役の吉川愛、相馬周役の板垣李光人。(c)読売テレビ(他1件)

「カラフラブル」は、ためこうのマンガ「ジェンダーレス男子に愛されています。」を実写化するもの。仕事に熱中するあまり自分自身のおしゃれは二の次になっているマンガ誌の編集者・町田和子(吉川愛)とメイクやファッションを自由に楽しむショップ店員・相馬周(板垣李光人)のラブストーリーが展開される。

小田が演じるのは、和子の上司で編集部のデスク・境正美。マンガ誌の売上のために試行錯誤しており、編集部員やマンガ家に対してはキレ口調の関西弁でまくし立てるというキャラクターだ。

小田はドラマ出演のオファーを受けて「正直『なんで僕?』と思いました。僕がドラマのお仕事させてもらえるなんて、いくらなんでも早すぎないかと思ってます」「いきなり連続ドラマに出演させてもらえることにまだ戸惑ってます」と謙遜気味にコメント。自身が演じる境正美については「僕が普段ネタでやっているキャラそのものなので、とてもやりやすいと思ってます!」と語る。また視聴者に向けて「監督さんのご指導のもと、手探り状態からだんだん役に馴染んでいくさまもお楽しみください!」と呼びかけつつ、「どーなるんでしょー!」と期待と不安を口にした。

■ プラチナイト モクドラF「カラフラブル ~ジェンダーレス男子に愛されています。~」
読売テレビ・日本テレビ系 2021年4月1日スタート 毎週木曜 23:59~24:54

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。