「不思議惑星キン・ザ・ザ」アニメ版「クー!キン・ザ・ザ」キッチュでシュールな場面カット10枚公開(映画.com)

出典元:映画.com

カルトSF映画の傑作として世界中で多くのファンを生んだ「不思議惑星キン・ザ・ザ」を、ゲオルギー・ダネリヤ監督自らアニメ化した「クー!キン・ザ・ザ」の場面カットが公開された。

【フォトギャラリー】「クー!キン・ザ・ザ」その他の場面カット

 実写版は当時のソ連の政治体制を皮肉めいた視点で描いたと評されたが、「クー!キン・ザ・ザ」は、大きな変革の波にあった現代のロシアを戯画化して風刺した。実写版では俳優が演じていた異星人を本作では、ロシア・アニメの伝統を継承したようなアニメならではのキッチュなキャラクターに置き換え、ダネリヤ監督が思い描いたSFの世界観により近づいた格好だ。また、従来の2Dセルアニメと、手書き画像を模した3Dグラフィックスを交えて描き、伝統と現代性の両方を併せ持った味わいを楽しめる。実写版にはない、小さなブリキのロボットがメインキャラで登場し、「スター・ウォーズ」を彷彿とさせる珍道中を繰り広げる。

 著名なチェリストのチジョフとDJ志望の青年トリクは、雪に覆われたモスクワの大通りでパジャマ姿の裸足の宇宙人と遭遇する。そして思いがけずキン・ザ・ザ星雲の惑星プリュクにワープしてしまう。そこは見渡す限りの砂漠に覆われ、身に着けるズボンの色によって階級が分かれた場所だった。ほとんど「クー!」(名詞・形容詞・副詞・感嘆詞など)しか言葉が存在しない異星人たちを相手に地球に帰ろうと2人は奮闘を始めるのだった。

 5月14日からヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。実写版「不思議惑星キン・ザ・ザ」も同時リバイバル公開決定。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。