宮藤官九郎「俺の家の話」第9話にムロツヨシ&塚本高史、長瀬智也に信頼寄せる(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

3月19日にTBS・MBS系で放送されるテレビドラマ「俺の家の話」第9話に、ムロツヨシと塚本高史がゲスト出演する。

【画像】左から塚本高史、長瀬智也。(c)TBS(他1件)

宮藤官九郎が脚本を手がける「俺の家の話」は、長瀬智也扮するピークを過ぎたプロレスラー・観山寿一が、能楽の人間国宝である父の介護のために現役を引退し、名家の大黒柱として困難に立ち向かうホームドラマ。第9話に登場するムロは観山流の分家当主・観山万寿を、塚本は三代目葬儀屋・鬼塚をそれぞれ演じる。

ムロは、宮藤が脚本を担当し、長瀬が主演を務めた2010年のテレビドラマ「うぬぼれ刑事」に登戸刑事役で出演しており、長瀬とのドラマ共演は「うぬぼれ刑事」以来11年ぶり。一方、塚本は、2002年から2006年まで放送された「木更津キャッツアイ」シリーズや2017年に放送された「監獄のお姫さま」など、多くの宮藤作品に出演。長瀬とは2005年放送の「タイガー&ドラゴン」以来16年ぶりの共演となる。

ムロは長瀬との共演に際し、「面と向かってお芝居させていただくのは今回がはじめてで、『IWGP』を見ていた自分としても非常に感慨深かったです。長瀬さんの力強さからくる説得力が、お芝居であろうとなかろうとまっすぐに伝わってきました」とコメント。また塚本は「16年前と何も変わらず、分け隔てなく自然体で接してくれる長瀬さんの姿に魅了されました。第6話の阿部サダヲさん、第8話の佐藤隆太さんに続き、いよいよ第9話で、最後の象徴的なシーンに関わる三代目葬儀屋・鬼塚として出演致します!」と思いを語った。

「俺の家の話」には、長瀬のほか、戸田恵梨香、永山絢斗、江口のりこ、井之脇海、道枝駿佑(なにわ男子 / 関西ジャニーズJr.)、羽村仁成(ジャニーズJr.)、勝村周一朗、長州力、荒川良々、三宅弘城、平岩紙、秋山竜次、桐谷健太、西田敏行らが出演している。

■ ムロツヨシ コメント
少し前になりますが、この作品のとあるシーンのロケをしている現場にたまたま遭遇し、久しぶりに長瀬さん、戸田さん、西田さんにご挨拶させていただき、その時に出たい! 出たい!と話しておりました。今回このように出演させていただき、長瀬さんから「本当に来てくれたんだ」と言ってもらいうれしかったです。

長瀬さんとは11年前に「うぬぼれ刑事」で共演させていただきましたが、面と向かってお芝居させていただくのは今回がはじめてで、「IWGP」を見ていた自分としても非常に感慨深かったです。長瀬さんの力強さからくる説得力が、お芝居であろうとなかろうとまっすぐに伝わってきました。まっすぐに思いが伝わるストレートを投げていく生き様、芝居の仕方が改めてかっこいいなと思いました。戸田さんもいつもと変わらない笑顔で接してくれて、久しぶりに現場での戸田さんの笑い声を聞けて懐かしかったです。この作品を初回の放送から見続けており最後がどうなるか、私自身も本当に楽しみでなりません。そして、長瀬さんと一緒にお芝居させていただいたこと、この作品に参加させていただいたことに感謝しております。

■ 塚本高史 コメント
長瀬さんとは、「タイガー&ドラゴン」以来16年ぶりに共演させていただきましたが、お会いして一瞬で距離が縮まり、すんなりと現場に入れてうれしかったです。収録の合間、モニターで演技の映像をチェックさせていただいた時も、自分と2ショットで映っている長瀬さんの姿を見て感慨深かったです。また、16年前と何も変わらず、分け隔てなく自然体で接してくれる長瀬さんの姿に魅了されました。第6話の阿部サダヲさん、第8話の佐藤隆太さんに続き、いよいよ第9話で、最後の象徴的なシーンに関わる三代目葬儀屋・鬼塚として出演致します! 楽しんで観ていただけたらうれしいです。

■ TBS・MBS系 金曜ドラマ「俺の家の話」第9話
2021年3月19日(金)22:00~22:54

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。