ロバート・パティンソン×ウィレム・デフォー A24製作スリラー「ライトハウス」7月公開(映画.com)

出典元:映画.com

ロバート・パティンソンとウィレム・デフォーがダブル主演を務め、気鋭の映画スタジオ・A24とロバート・エガース監督(「ウィッチ」)がタッグを組んだスリラー「The Lighthouse」が、「ライトハウス」の邦題で、7月に公開されることがわかった。1890年代、米ニューイングランドの謎めいた孤島にやって来たふたりの灯台守が外界から遮断され、徐々に狂気と幻想に侵されていくさまを、美しいモノクロームの映像で描き出す。

【フォトギャラリー】ロバート・パティンソン出演作品をチェック

 本作は、第72回カンヌ国際映画祭の国際映画批評家連盟賞を受賞し、第92回アカデミー賞の撮影賞にノミネート。北米では8スクリーンで上映がスタートし、ミニシアター系の作品としては異例となる1000万ドル以上の興行収入を記録した。

 1801年に英ウェールズで実際に起きた事件がベースとなっており、ほぼ全編に渡り、パティンソンとデフォーのふたりだけで物語が進行する。人間の感情をより際立たせるモノクロームの映像や、かつてサイレント映画の時代に隆盛を誇ったスタンダードサイズのスクリーンが、“シネマティックな映像美”を実現。緊迫感を増大させる音響にもこだわり抜き、極限状態に置かれた人間たちの、おぞましくも美しい狂気のドラマを創出した。

 「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロ監督は、本作を「エガース監督の最高傑作。ハーマン・メルビルや、H・P・ラブクラフトやサミュエル・ベケットのような、漠然とした密度と実存主義を感じる。ダークな快感、エネルギー、モノクロに満ちた、辺獄での2人の魅惑的な俳優による演劇」と評する。さらに「ミッドサマー」のアリ・アスター監督は「並外れた映画。非常に美しく、ユニークで、そして本当に面白い」と絶賛し、「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」のライアン・ジョンソン監督は「皆さん、『ライトハウス』を見に行って! 素晴らしい」とコメントを寄せている。

 あわせてお披露目されたポスタービジュアルでは、灯台守のイーフレイム・ウィンズロー(パティンソン)とトーマス・ウェイク(デフォー)の背後に、彼らが狂気の世界へ足を踏み入れるきっかけとなる灯台がそびえ立ち、「謎が、満ちてゆく」というキャッチコピーが不穏な空気を醸し出している。耳障りなサイレンの音が響く特報では、暗闇に煌々と光る灯台が活写され、ふたりを待ち受けるミステリアスな運命を否応なしに予感させる。

 「ライトハウス」は、7月に東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。