トムジェリの大ファン! クロエ・グレース・モレッツ「脚本を読むのが怖かった」(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

人気アニメと実写の融合で映画化した映画『トムとジェリー』で、キュートな魅力を振りまいているクロエ・グレース・モレッツ。大のトムジェリファンという彼女は、アニメと実写の橋渡しとなるキャラクターの筆頭を演じ、見事なコメディエンヌぶりを発揮している。『キック・アス』(2010)のヒット・ガール役で世界中をとりこにしたクロエは現在24歳。今回演じた等身大の役柄には、自分の「地」を初めて生かしたとも語る彼女に、話を聞いた。

【写真】クロエ・グレース・モレッツがかわいい! 『トムとジェリー』フォトギャラリー

 誕生80周年を迎えるアニメ『トムとジェリー』を、実写とクラシックな2Dアニメの融合でスクリーンに登場させる本作。お調子者でドジなネコのトムと、外見はかわいいがずる賢いネズミのジェリーは、会えばケンカばかり。そんな最強ライバルの2人が、ニューヨークの高級ホテルを舞台に大騒動を巻き起こす。

■トムジェリの大ファンゆえに、脚本を読むのが怖い!?

 オリジナルの大ファンというクロエは、出演が決まり大興奮。『トムとジェリー』への思い入れを、「最初に見た記憶はおそらく2歳で、まだ言葉が理解できなかったけど、『トムとジェリー』は音楽と効果音、そして自分の想像力で完全に理解できた。画面上で続く彼らのアイコニック(象徴的)なファイトを見ることで、私の想像力はとても幼い頃からすごく活性化されたの!」と語る。

 そんな作品への愛ゆえに、はじめは脚本を読むのが怖かったという。「すごくナーバスになっていたわ。私は、『これが良い脚本でありますように。オリジナルのカートゥーンや、私がこの作品を大好きな全ての理由に、ちゃんと敬意が払われていますように』と思っていたの。そして実際に脚本を読むと、本当によくできていてとても驚かされたわ! コメディではアニメとすばらしい方法で見事に融合されていた。だから、私のような大ファンは、これは『トムとジェリー』じゃないとはならないはずよ。それはまさに『トムとジェリー』だった。だからこの作品にとても満足しているの」。

■何もないところに向かって演技 「すばらしい経験。とても楽しかったし、難しかったわ」

 クロエが演じるのは、成功を夢見てニューヨークに出てきた女性ケイラ。半年間で4回仕事を解雇されたケイラは、ウソの経歴を使い “世紀の結婚式”を控える名門ホテル、ロイヤル・ゲート・ホテルに臨時スタッフとして採用される。その頃、いたずら好きのジェリーがホテルに引っ越してきて騒ぎを起こし、ケイラは“ネズミ対策”として猫のトムをボーイとして雇うことに。

 劇中ではアニメ姿のトムとジェリーを相手に、息の合ったやりとりを天真らんまんに繰り広げる。その姿はとても生き生きとして魅力的だ。「私は幼い時、『ロジャー・ラビット』(1988年公開の実写とアニメーションが融合したコメディ映画)のボブ・ホスキンスと共に育ったの。また、特にコメディアンのルシル・ボールの、大げさでワイルドなコメディスタイルも見て育った。彼女はどんなことでも思いっきりやるの。私もそういう姿勢でこのストーリーを表現したかった。大げさで体を張ったコメディという、オリジナルアニメの大好きな部分を自分のキャラクターの中にも反映させて、より良いものにする。ティム・ストーリー監督はとてもサポートしてくれたわ。だから私たちはそのやり方を貫いたの」。

 実際の演技では困難もあったという。「最大のチャレンジは、何もないところに向かって演技をすることだった(笑)。つまり自分自身の脳を相手にアドリブするってことね。アニメーターからは、私がアドリブをすればするほど、後でアニメーションを加える時に反映させることができると言われたの。まずは彼らがやりたいと思っていることの概要(輪郭)のようなシーンがあって、私たちはそれを演じつつ、さらに違うものに膨らませていくこともできたの。そういったことは大変だったけど、すばらしい経験だった。とても楽しかったし、難しかったわ」。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。