ザック・スナイダー版『ジャスティス・リーグ』の日本リリースが決定!2021年初夏にデジタル配信&Blu-ray化(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

ワーナー ブラザース ジャパンは、米動画配信サービスHBO maxで配信予定の『Zack Snyder’s Justice League(原題)』の日本リリースを発表した。邦題は『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』となり、2021年初夏にデジタル配信およびBlu-rayにてリリースされる。なお、本作の劇場公開は予定していない。

「ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット」画像・動画ギャラリー

『ジャスティス・リーグ』は2017年に公開され全米で大ヒットを飛ばした、DCコミックスのヒーローが集結する大作アクション映画。『ジャスティス・リーグ』の製作中に降板したザック・スナイダー監督が再度メガホンをとり、初期構想に基づいて追加撮影、再編集の上で製作されたものが『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』だ。『ジャスティス・リーグ』では見られなかった、ジャレッド・レト演じるジョーカーが登場するなど、ファンが喜ぶ要素も盛り込まれ、作品は約4時間におよぶ長編映画となるようだ。
そして今回、アメリカで3月13日に行われる先行オンライン試写会(英語版のみ/字幕なし)に日本から限定20名を招待するキャンペーンが行われる。応募に関する詳細はDC公式Twitter(@dc_jp)で告知されるようなので興味のある人はチェックしよう。世界最速でいち早く本作を観るチャンスだ。
さらなる詳細は4月16日に続報の発表を予定しているとのこと。IGNではザック・スナイダー監督にインタビューした記事「ザック・スナイダー版『ジャスティス・リーグ』について新たに判明した27の事実」などを公開中。続報を待ちつつ、本作を楽しみにしている人はこちらもチェックしておこう。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。