『しゃばけ』が超エンタメに。前川優希、反橋宗一郎「錦織さんの演出楽しみ」(チケットぴあ)

出典元:チケットぴあ

20周年を迎えた畠中恵の人気小説「しゃばけ」シリーズを原作にした舞台『シャイニングモンスター ~ばくのふだ〔Shining 編/Shadow 編〕~』が3/13(土)に開幕する。錦織一清が演出、神楽澤小虎が脚本、西寺郷太(NONA REEVES)が音楽を手掛ける本作について、出演する前川優希と反橋宗一郎に話を聞いた。

『しゃばけ』が超エンタメに。前川優希、反橋宗一郎「錦織さんの演出楽しみ」

「しゃばけ」とは、病弱だけどやさしくて知恵の働く若だんなと彼を見守る不思議で愉快な妖(あやかし)たちが江戸で起こる難事件珍事件を解決していく人気時代小説シリーズ。これまでもさまざまなカタチで舞台化されており、本作では『ひなこまち』(新潮社刊)所収「ばくのふだ」「ろくでなしの船箪笥」を原作に、歌ありダンスありの“超エンタメ”な舞台になるという。

小中学生時代に「しゃばけ」シリーズを読んでいたという前川は「子供の頃に図書館でよく読んでいたので、今年20周年だと聞いて感慨深い気持ちになりました。自分が初めて読んだときの『おもしろい!』とか『素敵!』という気持ちを思い出して演じたいです」と笑顔で語る。前川、反橋共に錦織とは初タッグ。前川は「錦織さんの演出だと母に伝えたら『すごいじゃん!』と喜んで、錦織さんのパフォーマンス映像を見せてくれました。どんな演出をつけていただけるか楽しみにしています」、反橋も「お名前を拝見しただけで緊張しました。僕は歌とダンスが好きなので、それを錦織さんに演出していただけるのが光栄です」と明かす。NONA REEVES西寺が手掛ける音楽は「『しゃばけ』からは想像できない音楽だと思います。タイトルが『シャイニングモンスター』であることにリンクしましたね」と反橋。期待が高まる。

前川が演じるのは主人公の若だんな(一太郎)。「僕がすごく健康なので(笑)、病弱な一太郎をどう演じるのか、特に歌やダンスでどう表現するかは考えたいです。歴史あるシリーズの主人公なので、ファンの方の気持ちを裏切らないように演じたいですね」、妖の屏風のぞきを演じる反橋は「相手によって関係性が違う役で、例えば一太郎には同じ目線でものを言うけど、他のキャラクターからはいじめられたりする(笑)。いろんな遊びどころがありそうで、稽古が楽しみでしょうがないです」。<Shining 編><Shadow 編>の2作同時上演となるが、反橋は「片方だけでも楽しめますし、両方観るとなおさら楽しんでいただけると思います。楽曲も作品でアレンジが変わるので、そういう楽しみ方もしていただけそうです」。

役者陣に加え、人気ミュージシャン真城めぐみも参加するなど、注目ポイント盛りだくさんの本作は、3/13(土)から21(日)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。