キスマイ藤ヶ谷太輔の“逃亡劇”再び「そして僕は途方に暮れる」映画化決定(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が主演を務めた舞台「そして僕は途方に暮れる」が、映画化されることがわかった。

【写真】三浦大輔(Photo by Atsushi Nishimura)(他1件)

2018年に上演された「そして僕は途方に暮れる」は、三浦大輔が東京・Bunkamura シアターコクーンに向けて初めて書き下ろした作品。映画版でも舞台版に続いて藤ヶ谷が主演、三浦が脚本・監督を担う。映画の撮影は今月からスタートし、2022年に全国ロードショーされる。

作中では藤ヶ谷演じる主人公のフリーター・菅原裕一が、ほんの小さなことの積み重ねで自ら人間関係を断ち、逃げ続ける様子が描かれる。藤ヶ谷は再度菅原を演じることへの期待を語りつつ、「舞台で演じさせていただいた3年前と現在では全く状況が変わってしまいました。だからこそ、人と人との繋がりとは何なのか、改めて考えさせられるのではないでしょうか」とコメント。三浦は念願だったという本作の映像化を喜び、「自分のオリジナルである本作が、舞台を経て、映画化されることによって、さらに多くの人に届けられることに、感謝の気持ちでいっぱいです。皆様、期待してお待ちください」とメッセージを送っている。

■ 藤ヶ谷太輔コメント
僕自身、一度演じた作品をまたやらせていただくという機会が初めての経験なので、オファーを頂いて素直にすごく嬉しかったです。

とても信頼している三浦さんと、また作品つくりが出来ることをとても嬉しく思います。楽しみでワクワクしている反面、あのシーンはどうなるんだろう、このセリフの間合いはどうなんだろうという気になる部分も多く、早く準備をして撮影に挑みたいなという気持ちです。

舞台とは異なり順撮りではないので、壁にぶち当たるのではないかと感じていますが、監督はじめチームを信じて、「菅原裕一」という人物に集中して挑みたいと思っています。舞台で演じさせていただいた3年前と現在では全く状況が変わってしまいました。だからこそ、人と人との繋がりとは何なのか、改めて考えさせられるのではないでしょうか。何事からも逃げてばかりの裕一のことを、クズだな、よく言い訳をする男だな、と感じると思うのですが、誰にでも時には「逃げたい」という願望はあると思います。なので、自分もこんなこと思ったことあるなと共感したり、応援したい気持ちになったり、その先がどうなるのかと知りたい欲にも駆られたり……様々な感情が沸く作品だと思います。是非、公開を楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

■ 三浦大輔コメント
舞台の公演が終わってからずっと、いつか、この作品を映像化したいという想いは持ち続けていました。こうして念願叶い、とても嬉しく思っています。そして、舞台と同じく、主人公の菅原裕一は、藤ヶ谷太輔くんが演じてくれます。藤ヶ谷くんと一緒に、また新たな「そして僕は途方に暮れる」をつくれることに、喜びしかありません。自分のオリジナルである本作が、舞台を経て、映画化されることによって、さらに多くの人に届けられることに、感謝の気持ちでいっぱいです。皆様、期待してお待ちください。

【広告】

↓  ↓  ↓


コメントは受け付けていません。