白石隼也・松大航也・奥平大兼が『レンアイ漫画家』出演【コメントあり】(オリコン)

出典元:オリコン

俳優の鈴木亮平が主演、女優の吉岡里帆がヒロインを務める4月8日スタートのフジテレビ系木曜劇場『レンアイ漫画家』(毎週木曜 後10:00※初回は15分拡大)に、白石隼也、松大航也、奥平大兼が出演することが決定した。

【写真】眞栄田郷敦に好意を寄せる”いまどき女子”を演じる小西桜子

 同ドラマは、講談社モーニングKC刊で2010年から2012年の間連載されていた同名コミックスが原作で、全5巻を発刊。鈴木演じる漫画一筋で恋愛が超苦手な少女漫画家・刈部清一郎(かりべ・せいいちろう)と、吉岡演じるダメ男ホイホイと呼ばれる崖っぷち女子・久遠あいこ(くおん・あいこ)。恋に不器用な2人が繰り広げる、笑えて、ほろっとくるコミック・ラブストーリーとなっている。

 白石演じる刈部純(かりべ・じゅん)は、鈴木演じる刈部清一郎の弟で、吉岡演じるあいこの初恋の人。岩田琉聖演じる刈部レンを、男手ひとつで育ててきたシングルファーザー。清一郎の一番の理解者だが、清一郎とは正反対の性格。外交的で自然と周りを明るくする雰囲気を持つ、グループの中心にいるような存在だ。また、超が付くほどの女好きだが、どこか憎むことのできない愛されキャラとなっている。

 松大が演じるのは、鈴木演じる刈部清一郎(かりべ・せいいちろう)の若い頃。この若い頃の清一郎も人付き合いが苦手の変わり者で、当時から天才漫画家の片りんをうかがわせる、独特の雰囲気を放つ青年であった。奥平が演じるのは、白石演じる刈部純の若い頃。学生時代の純もクラスの人気者で、超が付くほどの女好き。この若い頃の純の女性関係が、物語の展開を大きく揺るがすきっかけとなる。

 今回の出演を受け、3人がコメントを寄せた。

■白石隼也
――『レンアイ漫画家』への出演が決まった時の感想
亮平さんとは今回と同じく兄弟役で共演していたこともあり、久しぶりにまたご一緒できることに喜びを感じました。

――台本を読んでの印象について
亮平さんが演じる独特なキャラクターの清一郎が大人気少女漫画を描いていて、漫画のネタのために吉岡さんに疑似恋愛をさせるという、この2人の絶妙な関係の描写が台本を読んでいる段階で目に浮かんで来ました! とても面白くなりそうだなと率直に感じました。

――自身が演じる刈部純について
僕が演じる純と息子のレンとの関係をいかに描けるかが、ストーリーに大きく関わってくると思いましたので、レンと2人のシーンは特に集中して芝居に臨みました。2人の間に確かな絆があるようなシーンを皆さまにお届けできればいいなと思います。

――共演者の印象
息子のレン役を演じる岩田琉聖君は、僕がやっていた『仮面ライダーウィザード』(テレビ朝日系/2012年9月~2013年9月)を見ていてくれていて、撮影の前から、その話で打ち解けることができました。とっても子供らしくて良い意味で、自然体でとても芝居がしやすかったです。この作品のレンの芝居を見るのが楽しみだなと思いました。亮平さんとご一緒した現場は芝居にすごく集中して臨まれていて、“やっぱり変わっていなくていいな”と思い、刺激をうけました。

――視聴者に向けてメッセージ
亮平さん演じる清一郎はとても不器用な男で、少し現実離れしたようなキャラクターのように思うのですが、その難しい役を亮平さんはとても説得力を持って演じていると思います。とてもピュアで切実な男のかわいい恋のお話です。気楽に見ていただきたいなと思います!

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。