賀来賢人&後藤淳平「きかんしゃトーマス」ゲスト声優が読み聞かせに挑戦(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

英国が生んだ人気シリーズの劇場版最新作「映画 きかんしゃトーマス おいでよ!未来の発明ショー!」の公開記念イベントが3月8日、都内で行われ、ゲスト声優を務める俳優の賀来賢人とお笑いコンビ「ジャルジャル」の後藤淳平が出席。オンラインで参加した親子30組に向けて、絵本を読み聞かせた。

 2月に第2子の誕生を発表したばかりの賀来は、「うちも寝る前に、絵本を読む習慣になっている。子どもの中に“決まり”があるみたいで、いつも3冊読んでいる」と良きパパぶりを披露。「親子のコミュニケーションはもちろん、絵や文字を通して、子どもの想像も膨らんでいるのでは」と読み聞かせの魅力を語った。画面越しの読み聞かせには「前回の声優イベントより緊張しますね」と表情を引き締め、無事に終えると「読んでいるうちにリズムがつかめて、世界観に入り込めた」と安どしていた。

 現在2人の子どもの父親である後藤も、読み聞かせは日課になっているといい、「良い絵本は読みながら感動できるし、子どもも聞きながら感動するので、(感動を)共有できるのがいい」。賀来とともに読み聞かせに挑戦したが、「気持ちが入り過ぎて、賀来さんのパートまで読んでしまった(笑)」とうっかりミスに照れ笑いだった。

 “未来の発明ショー”が開催されるソドー島を舞台に、見たこともない発明品の数々や、発明家たちが大集合したことで騒動が巻き起こる本作。賀来はショーの目玉として、日本からきた世界最速の超特急・ケンジを演じており「とにかく明るくポジティブで、一点の曇りもないキャラクター。好青年を意識してみたが、実際演じてみると難しかった。今まで演じた役で、一番の好青年(笑)」と語った。

 一方、後藤が演じる機関車・サニーは、悪だくみに巻き込まれながらも、皆の役に立ちたいと願うという役どころで、「周りに流されやすいが、気持ちは純粋。僕も童心を思い出しながら、まっさらな気持ちで挑んだ」と声優初挑戦を振り返った。

 「映画 きかんしゃトーマス おいでよ!未来の発明ショー!」は、3月26日に全国公開。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。