Xbox Series X|SとXbox OneでGoogle Stadiaが遊べる新ブラウザが使用可能に(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

Xbox Series X|S、Xbox Oneでは、Google Stadiaを遊べるChromium版Microsoft Edgeがブラウザとして近々使用可能になる。
The Vergeの報告では、Xbox Insiderでアルファスキップアヘッドに設定しているユーザーは新バージョンのMicrosoft Edgeにアクセスが可能となる。まだマウスとキーボードは完全にサポートされておらず、バグも少しあるものの、現状としてはかなりいいもののように思える。

「Xbox Series X」画像・動画ギャラリー

XboxでChromium版ブラウザを使用する利点の1つは、Google StadiaやAmazon Lunaといったブラウザベースの配信サービスを利用できることだ。さらに、XboxではもともとXbox Game Passにアクセス可能ではあるが、マイクロソフトが今春予定のXboxのクラウドゲームサービスをサポートすれば、理論上は利用できる可能性がある。
さらに、今回のことでSkypeとDiscordといったブラウザを介したサービスとの互換性も改善されるはずだ。
この早期バージョンには、Microsoft Edgeで使われている同期エンジンと同じか似たものがついており、拡張機能や垂直タブ、コレクション機能といった、Edgeのデスクトップ版にもある機能が使える。

Googleが社内ゲームスタジオStadiaを閉鎖した一方で、ストリーミングサービスは継続しており、2021年内に「100以上のゲーム」が遊べるようになる予定だ。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。