FUKAIPRODUCE羽衣の新作開幕、糸井幸之介「大人のおねしょを、ぜひ劇場で」(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

FUKAIPRODUCE羽衣「おねしょのように」が、昨日3月7日に東京・東京芸術劇場 シアターイーストにて開幕した。

【写真】FUKAIPRODUCE羽衣 第26回公演「おねしょのように」より。(撮影:金子愛帆)(他14件)

これは昨年上演された「スモール アニマル キッス キッス」以来となる、FUKAIPRODUCE羽衣の新作公演。振付に黒田育世を迎えた今回は、Wキャストで上演される。Aプロには深井順子、代田正彦、鯉和鮎美、新部聖子、澤田慎司、岡本陽介、西崎達磨、Bプロには日高啓介、西田夏奈子、葛生大雅、キムユス、田島冴香、浅川千絵、松本由花が名を連ねた。

開幕に際し、作・演出・音楽を手がける糸井幸之介は「久しぶりにおねしょしたくなり、この作品を作りました。大人のおねしょを、ぜひ劇場で味わってください」とコメントしている。公演は3月14日まで。

■ 糸井幸之介コメント
僕は結構大きくなるまで、小学校の3、4年生になるまで、おねしょしていました。

ですから今でも、おねしょの感覚をちょっと覚えています。

そんなに悪いものではなかった気がします。

むしろ、なんとも言えない良い気持ちだった気もします。

久しぶりにおねしょしたくなり、この作品を作りました。

大人のおねしょを、ぜひ劇場で味わってください。

■ FUKAIPRODUCE羽衣 第26回公演「おねしょのように」
2021年3月7日(日)~14日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

プロデュース:深井順子
作・演出・音楽:糸井幸之介
振付:黒田育世

□ 出演
Aプロ:深井順子、代田正彦、鯉和鮎美、新部聖子、澤田慎司、岡本陽介、西崎達磨
Bプロ:日高啓介、西田夏奈子、葛生大雅、キムユス、田島冴香、浅川千絵、松本由花
※西崎達磨の「崎」は立つ崎(たつさき)、日高啓介の「高」ははしご高が正式表記。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。