中川大志「FUNNY BUNNY」岡山天音、関めぐみら新キャスト11人発表 4月29日から公開&配信(映画.com)

出典元:映画.com

中川大志主演で、飯塚健監督(「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」「ステップ」)のオリジナル戯曲を映画化する「FUNNY BUNNY」に、岡山天音、関めぐみ、森田想、レイニ、ゆうたろう、田中俊介、落合モトキらが出演していることがわかった。あわせて、4月29日から劇場公開と同時に、auスマートパスプレミアムで配信されることが決定した。

【フォトギャラリー】中川大志の出演作品をチェック

 本作のもととなった戯曲は、2012年に舞台で上演され、謎が謎を呼ぶ緻密なプロットが演劇ファンを魅了。のちに、飯塚監督の手による小説版も刊行された。自殺志願者を見分ける能力を持つ、自称小説家の剣持聡が、自らの正義のもとで繰り広げる奇想天外な騒動を描く。

 剣持と親友・漆原聡はある日、愛くるしいウサギの着ぐるみ姿で、区立図書館に向かう。ふたりの目的は、図書館の襲撃。そして数年後、もうひとつの事件である「ラジオ局電波ジャック」が発生する。ウサギの着ぐるみが仕掛けた2つの事件に潜む謎と悲しい真実が明かされたとき、物語は動き始める。

 中川が主人公・剣持を演じるほか、岡山(「青くて痛くて脆い」)が漆原役で共演。関(「書けないッ!? 脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活」)が図書館で出会い、“剣持一派”にされる司書・服部茜、森田(「朝が来る」)が女子高生・遠藤葵に扮し、レイニが大学生・新見晴役を務め、本作で映画デビューを果たす。さらに、ゆうたろう(「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」)が剣持の同級生・田所修、落合(「AWAKE」)が元バンドマンの菊池広重、田中が菊池の過去のバンド仲間・藤井を演じる。そのほか佐野弘樹、山中聡、お笑いトリオ「東京03」の角田晃広、菅原大吉らが顔をそろえた。

 あわせて、本ビジュアルを一般投票で決定する企画がスタート。投票数の最も多かったビジュアルが、ポスターやチラシで使用され、全国の劇場に設置される。投票は3月2日正午まで、公式サイト(https://funnybunny-movie.jp)で受け付けている。

 「FUNNY BUNNY」は、4月29日から劇場公開と同時に、auスマートパスプレミアムで配信開始される。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。