三井・三菱は男爵止まりも 渋沢栄一だけがワンランク上の子爵になれたワケ【青天を衝け 序説】(アーバン ライフ メトロ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:アーバン ライフ メトロ

2020年は、日本全土が新型コロナウイルスに震撼(しんかん)した1年でした。緊急事態宣言が発出されたことで、1年を通じて放送される大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」もスケジュール変更を余儀なくされ、年をまたいで放送されるという異例の事態になっています。

【画像】渋沢が院長を務めた「旧東京養育院」を見る

 その影響で、2021年の大河ドラマ「青天を衝け」は2月14日(日)からのスタートになりました。

「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一は埼玉県の血洗島(現・深谷市)の出身で、徳川慶喜に仕えます。慶喜の弟である昭武がパリ万博(1867年)に派遣されるのに随行し、渋沢もパリに渡りました。長いパリ滞在で、渋沢は日本とは違う文化・経済・政治に大きな刺激を受けました。そして、それが帰国後に大いに役立ちます。

 渋沢は設立・経営・支援など生涯で500もの企業に関わりました。そのため、現在は資本主義の父と呼ばれます。しかし、1916(大正5)年に第一銀行(現・みずほ銀行)の経営から退き、以降は福祉・医療・教育といった非営利事業に傾注しました。

 渋沢の前半生は実業家であり、まさに資本主義をけん引するような活動が主になっていました。他方、後半生は非営利事業に奔走して資本主義は遠い存在だったのです。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。