金曜『俺の家の話』も話題 長瀬×クドカンコンビが描く、あえて定番じゃない東京スポットとは(アーバン ライフ メトロ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:アーバン ライフ メトロ

各局で冬の連続ドラマがスタートするなか、「面白い」という評判が聞こえてくるのが『俺の家の話』(TBSテレビ系)です。プロレスラーの息子が、能楽師で人間国宝である父の介護のためにプロレスを引退し、実家に戻るというストーリー。主人公の元プロレスラーを演じるのが長瀬智也、そして脚本を担当するのがクドカンこと宮藤官九郎です。

【地図】『俺の家の話』のロケ地

 ふたりがドラマでタッグを組むのはこれが4度目。過去の3作はやはりTBS系列の放送で、いずれも東京を舞台にしていました。

 最初の作品は、『池袋ウエストゲートパーク』(TBSテレビ系)。2000(平成12)年の放送で、池袋の街で繰り広げられる不良少年たちの抗争を描いた若者の群像劇です。

 長瀬智也が演じるのは、地元で一目置かれる元不良のマコト。「めんどくせぇ」とぼやきながらも、トラブル解決のために奮闘する仲間思いの熱い性格の持ち主です。窪塚洋介、坂口憲二、山下智久、高橋一生なども、それぞれ魅力的なキャラクターで出演していました。

 石田衣良の同名小説が原作なのですが、宮藤官九郎はそこに彼一流の小ネタなどコミカルな要素をふんだんに盛り込み、いかにもクドカンテイストの作品に仕上げました。

 このドラマによって、脚本家・宮藤官九郎の名を知った人も多いのではないでしょうか。長瀬智也の真っすぐでありながらどこかとぼけた愛すべき魅力も、ここで本格的に開花したように思います。

 池袋は大きなターミナルですが、それまでは渋谷のような若者の街とは対極にある「あまり目立たない街」という印象でした。ところが、この『池袋ウエストゲートパーク』の人気によってがらりとイメージが変わり、池袋にも若者の関心が集まるようになりました。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。