渋沢栄一の偉業は東京だけじゃなかった! 静岡を日本屈指の「お茶王国」にした実績をご存じか【青天を衝け 序説】(アーバン ライフ メトロ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:アーバン ライフ メトロ

俳優・吉沢亮さんが渋沢栄一を演じる大河ドラマ「青天を衝(つ)け」は、2月14日(日)から放送が始まりました。

【画像】大河ドラマ館が開設された東京・北区「飛鳥山博物館」

 本作では冒頭に、北大路欣也さんが扮(ふん)する、江戸幕府を開府した徳川家康が登場し、時代背景などを説明しています。渋沢栄一が生まれたのは、徳川家康の没後から約220年以上も後です。徳川家康が渋沢を知っているはずもなく、あくまでもドラマの演出に過ぎません。

 しかし、渋沢と徳川家康はまったく接点がなかったわけではありません。渋沢は徳川家康ゆかりの地でもある静岡で、大きな足跡を残しているのです。

 現在、「青天を衝け」は渋沢の出生地である武蔵国血洗島(現・埼玉県深谷市)を舞台に物語が進行していますが、明治初期に渋沢は静岡に居を構えました。なぜ、渋沢が静岡で生活したのでしょうか? それを知るためには、渋沢の足跡をたどらなければなりません。

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。