ついに東京を席巻したバーチャルアイドル 開発者たち「汗と涙の30年史」とは(アーバン ライフ メトロ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:アーバン ライフ メトロ

コロナ禍で家から出にくくなった東京人。近年、話題を集めているバーチャルYouTuber(VTuber)が2020年も人気をさらったのは、ステイホームの効果も大きかったでしょう。

【画像】超大手事務所に所属するVアイドル(3枚)

 CGキャラクターを使って動画投稿・配信を行うVTuber。登場した頃は「キワモノ」扱いでしたが、今ではすっかり定番となりました。渋谷や新宿など、東京の街頭に設置されたデジタルビジョン広告には、ほぼ必ずと言っていいほどバーチャルなアイドルが映し出されます。

 まさか本当にバーチャルな存在がアイドルになるなんて、もう東京は完全に未来なのでしょうか。

 ここで思い出すのがウィリアム・ギブスンのSF小説『ニューロマンサー』(1984年)。その後『攻殻機動隊』などでも登場する、電脳世界と肉体が接続されるのが当たり前の世界を描いたサイバーパンクを普及させた小説です。

 その作品の舞台は日本の千葉。首都圏でも東京ではなく千葉を舞台にするところが作品の切れ味ともいえます。

 さて、バーチャルなアイドルの最初の流行といえば2007(平成19)年に登場した初音ミクをなしには語れません。

 楽器・オーディオ関連製品のヤマハが開発した音声合成システム「VOCALOID」に対応した音声合成・デスクトップミュージック (DTM) の音源からスタートしたこのキャラクターは、気がつけばバーチャルな存在を実在のアイドルのように愛し、応援することを当たり前のこととしました。

 しかし、バーチャルアイドルの登場まではとても長い試行錯誤の歴史がありました。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。