開業から110周年 なぜ渋沢栄一は日比谷に「帝国劇場」を作ったのか(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

帝国劇場(千代田区丸の内)が1911(明治44)年、東京・丸の内と日比谷の境となる一画にオープンしました。2021年は、帝国劇場110周年という節目です。

【画像】明治初期の「帝国劇場」周辺を見る

 開場から110年を経た帝国劇場は日比谷公園からも皇居からも近く、その周辺には多くの緑をたたえます。超一等地ともいえる都心にありながら、豊かな自然が多く残るエリアに所在しています。

 帝国劇場は近隣の日生劇場(同区有楽町)、東京宝塚劇場(同)とともに有楽町・日比谷の劇場街を形成し、東京の、そして日本を代表する劇場として日本の興行界をけん引してきました。

 現在の帝国劇場は東宝が運営を担っていますが、当初は日本に劇場文化を根付かせることを夢見た政財界人から多大な支援を受けて開業しています。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。