「ARIA」完全新作映画、安野希世乃が主題歌アーティスト&オリジナルキャラに! 「この出逢いに、心から感謝」(アニメ!アニメ!)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

アニメ『ARIA』シリーズの最新作である完全新作映画『ARIA The CREPUSCOLO』(2021年春公開)のオープニング&エンディングテーマアーティストが、声優・安野希世乃に決定。あわせて、原作者・天野こずえが描き下ろしたオリジナルキャラクター・アレッタ役も演じることとなった。

【フォトギャラリー】『ARIA The CREPUSCOLO』場面カットを見る

アニメ『ARIA』シリーズは、天野こずえの未来形ヒーリングを原作とし、2005年にTVアニメ第1期『ARIA The ANIMATION』、2006年にTVアニメ2期『ARIA The NATURAL』、2007年にOVA『ARIA The OVA ~ARIETTA~』、2008年にTVアニメ第3期『ARIA The ORIGINATION』、2015年に完全新作アニメーション『ARIA The AVVENIRE』を展開。原作コミックの雰囲気そのままの優しい世界が数多くのファンを魅了し、いまなお愛されている作品だ。

完全新作映画『ARIA The CREPUSCOLO』で描かれるのは、“オレンジぷらねっと”メンバーを中心とした物語。
秋、オレンジぷらねっとで修業の日々を送るアーニャは、お互いに多忙なこともあって長い間会えていない先輩のアリスとアテナのことが気がかりだった。
そのせいで元気がないアテナに対し、アリスはなぜか会うのを避けている様子。友達のアイとあずさにも協力してもらい、先輩たちが絶対に会える方法を探す中、アーニャは今の自分だからこそ見える“景色”があることに気づいて……。

今回、『ARIA The CREPUSCOLO』のオープニング&エンディングテーマアーティストが、『マクロスΔ(デルタ)』カナメ・バッカニア役として戦術音楽ユニット「ワルキューレ」のリーダーを務めるほか、2017年にはソロシンガーデビューも果たした声優・安野希世乃に決定。
さらに安野は、原作者・天野が描き下ろしたオリジナルキャラクターである風追配達人(シルフ)・アレッタ役として本編にも出演する。

『ARIA The CREPUSCOLO』は、2021年春公開。
また、2021年元旦に向けて『ARIA The CREPUSCOLO』電子年賀状キャンペーンの実施も決定。詳細は公式サイトまで。

<以下、コメント全文掲載>
安野希世乃

シリーズが長きにわたり、時を超えて多くの人に愛され続けている「ARIA」シリーズ…今作の美しい作品世界の一部に、このたび音楽を通じて関われると伺った時は心底驚きましたし、飛び上がるほど嬉しかったです!
過去シリーズを拝見していても、美しい映像と優しい物語と出逢った時の、心の奥までじんわりと語りかけてくる「音楽の力」を芯から感じました。
歌わせて頂いた楽曲が、ARIAの世界を彩る一部になれるなんて…こんなに嬉しいことはありません。この出逢いに、心から感謝しています。

【STAFF】
原作 天野こずえ『ARIA』(ブレイドコミックス/マッグガーデン刊)
総監督・脚本 佐藤順一
監督 名取孝浩
キャラクターデザイン・総作画監督 伊東葉子
音楽 : Choro Club feat. Senoo
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 松竹
配給 松竹ODS事業室

【CAST】
アリス・キャロル:広橋 涼 アテナ・グローリィ:佐藤利奈 アーニャ・ドストエフスカヤ:茅野愛衣 アレッタ:安野希世乃

【主題歌】
オープニングテーマ 「フェリチータ」安野希世乃
エンディングテーマ 「echoes」安野希世乃
(C)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

【広告】

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。