坂口健太郎「劇場版 シグナル」北村一輝、吉瀬美智子ら続投! 豪華な新キャスト&公開日も明らかに(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

坂口健太郎の初主演ドラマを映画化した「劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班」に、北村一輝、吉瀬美智子らドラマ版のキャストが続投し、新たに伊原剛志、鹿賀丈史、田中哲司、杉本哲太、奈緒が参戦することがわかった。公開日は、2021年4月2日に決定。あわせてお披露目された特報とポスタービジュアルもお披露目された。

【フォトギャラリー】本格的なアクションに挑んだ坂口健太郎リンクの修正をお願いします

 謎の無線機が、現在を生きる刑事・三枝健人(坂口)と、過去に身を置く熱血刑事・大山剛志(北村)をつなぎ、ともに未解決事件を解き明かしていくさまを描いたドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」。「愛の不時着」などで知られるスタジオドラゴンと、制作会社ASTORYが共同で手掛け、数々の賞を受賞した韓国の同名ドラマをリメイクした。18年4月期に放送され、GYAO Awards 2018(「テレビ見逃し」部門)の「年間で最もユーザーに支持されたテレビ番組」として表彰されるなど、配信でも人気を集めた。

 オリジナルストーリーが紡がれる劇場版の舞台は、21年の東京。高速道路でハイヤーが暴走し、政府高官が交通事故死を遂げる。三枝をはじめ、班長・桜井(吉瀬)率いる長期未解決事件捜査班は、この事故が仕組まれた事件である可能性を疑う。一方、09年の東京でも政務官が相次いで交通事故死しており、警察が事故として発表するなか、大山だけは事件性を疑っていた。そして時刻は23時23分、つながるはずのない無線機が再び鳴り出し、“現在”と“過去”のふたりが、バイオテロの脅威に立ち向かう。

 坂口、北村、吉瀬のほか、捜査班のメンバーを演じた木村祐一と池田鉄洋、慶明大学法医学教室の准教授・安西理香役の青野楓が続投。新たに、警視庁の刑事部長・青木潤基役の伊原、公安部長・山崎聡士役の田中が顔をそろえる。さらに杉本が内閣情報調査室次長・三谷宗久、鹿賀が表と裏で政界を支配する内閣官房長官・板垣真二郎を体現。奈緒が三枝の捜査に協力する女性ジャーナリスト・小泉ミチルに扮した。

 坂口は「北九州にロケに行ったり、東京でも大規模な撮影をしたりと、大変なシーンも多かったですが、撮影を重ねるたびに、キャストやスタッフの方々との結束力が高まって、とても充実感のある日々でした。連続ドラマから、スペシャルドラマ、映画と続いていますが、原作の韓国ドラマのクオリティの高さはリスペクトしつつ、僕や北村さん、吉瀬さんをはじめとしたキャストで新しいストーリーをオリジナルでできたことは大きな喜びでした」と振り返る。

 北村は、「映画では、大山だけ、過去の時代の設定で、ほぼ撮影は一人という、孤独な戦いでしたが、それが『シグナル』の良さであり、そこも含めて楽しめました」と述懐。奈緒は「坂口さんが演じた三枝は、殺伐とした警察の中で、ピュアな信念を持ち続けている人なので、まっすぐな志をもっているミチルともリンクする部分があり、惹かれ合って、信頼関係を築いていく姿が印象的でした」と関係性を紐解き、「撮影は3日間だったのですが、アクションシーンに挑戦したのも初めてで、とても思い出に残る撮影になりました」とコメントを寄せた。

 「劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班」は、橋本一監督(「探偵はBARにいる」「HOKUSAI」)がメガホンをとった。21年4月2日から全国東宝系で公開。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。