『恋する母たち』“優子”吉田羊の衝撃告白にネット騒然「一番ヤバい」(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

女優の木村佳乃が主演を務め、吉田羊、仲里依紗が共演するドラマ『恋する母たち』(TBS系/毎週金曜22時)の第5話が20日に放送され、優子(吉田)が杏(木村)やまり(仲)に対して“ある事実”を告白すると、ネット上には「サラっとすごいこと言ってる」「優子さんが一番ヤバいやつww」などの反響が巻き起こった。(以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

【写真】“優子”吉田羊の異動に複雑な表情を見せる、“赤坂“磯村勇斗

 赤坂(磯村勇斗)とのキスを夫・シゲオ(矢作兼)に見られてしまった優子。「限界だなぁ」とつぶやいたシゲオは、離婚はしないものの息子の大介(奥平大兼)を連れて故郷の与論島へ引っ越すことを告げる。一方で優子は、勤めている会社から千葉支店への異動を命じられる。優子は役員への出世のために異動を受け入れる。

 ある日、優子は杏やまりと昼食を共にすることに。そこで優子は、2人にシゲオ・大介と別居することを知らせる。そして優子は息子の大介が自分とは口を聞いてくれないことを2人に話しながら「夫とはすごーく仲良しなのに…血の繋がりはないんだけど」とポツリ。

 この言葉に杏とまりは思わず「ん?」と反応。続けて優子は「私、会社の上司と不倫していた時、そこから抜け出したくてシゲオと婚約したのよ」と告白。さらに上司との関係がなかなか切れないと悩んでいるときに、その相手の子どもを身ごもっていることが判明。それでもシゲオは、その子を自分の子どもとして育てると約束し自分と入籍したことを明かすのだった。

 優子の結婚当時のエピソードが明かされると、ネット上には「なぬ!!衝撃カミングアウト」「サラっとすごいこと言ってる」といった声が殺到。さらに「優子さんが一番ヤバいやつww」「この物語で1番のヤバキャラだね?」などのコメントが相次いだ。

 一方で、優子のすべてを受け入れ、大介を育て上げたシゲオについてネット上には「しかしシゲオすげえいいやつだな…」「シゲオの器大きすぎだろ…」といった投稿も集まっていた。

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット



コメントは受け付けていません。