「AKIRA」12月4日からドルビーシネマ上映決定! 2020年を締めくくる究極のシネマ体験(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

大友克洋監督の「AKIRA」が、12月4日からドルビーシネマ上映されることがわかった。東京オリンピックを控える、2019年の日本が舞台の本作。20年を締めくくる、究極のシネマ体験を提供する。

【フォトギャラリー】東京オリンピックを控える日本が舞台の「AKIRA」場面写真リンクの修正をお願いします

 1982年12月から「ヤングマガジン」(講談社刊)で連載が開始された「AKIRA」。その独創的な世界観が多くの人々を魅了し、国内はもちろん海外にまでその名を広め、世界的なセールスに成功。そして原作者・大友氏自らが監督を務め、製作期間3年、総製作費10億円という当時のアニメーションでは考えられないほどの時間と労力を費やし、88年に劇場アニメ「AKIRA」が誕生した。

 そして公開から30年以上を経て、ドルビーシネマ上映が決定した。35ミリマスターポジフィルムから4Kスキャンされた映像を、「ドルビービジョン」HDR映像にリマスター。従来のフォーマットでは表現できなかったコントラスト、輝度、色域で、映像を再構築した。従来のフォーマットではつぶれていた明るい光や、隠れていた暗部の深いディテールが表現されることで、没入感あふれる映画体験を実現。なお、音声は「AKIRA」デジタルリマスター版と同じ仕様となる。

 88年7月、関東地区に新型爆弾が使用され、第三次世界大戦が勃発。そして31年後、19年の東京湾上に構築されたメガロポリス・ネオ東京は、翌年にオリンピック開催を控え、かつての繁栄を取り戻しつつあった。「健康優良不良少年」のグループリーダー・金田は、荒廃した都市でバイクを駆り、暴走と抗争を繰り返していた。ある夜、仲間の鉄雄が暴走中、奇怪な実験体の少年と遭遇し転倒。呆然とする金田たちの前で、彼らは軍の研究所へと連れ去られてしまう。

 「AKIRA」は12月4日から、現在日本でドルビーシネマが導入されている全7館で公開される。上映劇場は以下の通り。

・東京 丸ノ内ピカデリー
・神奈川 T・ジョイ横浜
・埼玉 MOVIXさいたま
・愛知 ミッドランドスクエア シネマ
・京都 MOVIX京都
・大阪 梅田ブルク7
・福岡 T・ジョイ博多

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。