「大学全入」時代という虚構 東京と地方の根深い進学格差は、なぜ生まれたのか(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

2019年度に高校を卒業した生徒の就職率は17.7%でした。東京は6.3%と、全国で最も低い値です。

【調査】令和時代、「高卒就職」の実態とは

 ひと桁台なのは東京を除くと神奈川の8.5%と京都の8.4%のみ。地域による差は大きく、25%以上という自治体も珍しくありません。

 一方、高卒の大学などへの進学率は全国平均54.7%。こちらも地域差による開きがあります。

 東京が65.1%なのに対し、沖縄は39.6%。福岡を除く九州地方、北海道や東北地方では40%台です。

「東京の就職率が低く、進学率が高いのは今どき当然」と思う人が多いかもしれません。しかし実は、このように東京が他の自治体と異なるのは70年も昔の終戦直後から見られる傾向なのです。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。