ROTH BART BARONに学ぶ、コロナ時代の新たなバンドカルチャー(Rolling Stone Japan)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:Rolling Stone Japan

世界の最前線に触れてきた編集者、若林恵が主宰する黒鳥社が毎日更新しているマイクロSNSコンテンツ「blkswn jukebox」と、1年ぶりのニューアルバム『極彩色の祝祭』を発表した孤高のロックバンド、ROTH BART BARONのコラボが実現。さる10月27日にトークセッション「コロナ時代の新たなバンドカルチャー」がYouTubeでライブ配信された。

【動画を見る】トーク&ライブ「コロナ時代の新たなバンドカルチャー」映像アーカイブ

当日はROTH BART BARON(以下、ロット)の首謀者こと三船雅也と、「blkswn jukebox」編集部員である若林と小熊俊哉(Rolling Stone Japan編集スタッフ)の3人で議論。「クリエイティブを共有するためのコミュニティ」「プロデューサーは自分たちのファン」「インディ規模で世界レベルの音を作る方法」「どうやったら配信ライブは応急処置を超えられるのか?」など、音楽の未来を考えるためのヒントがいくつも飛び出した。

パンデミックは業界構造の行き詰まりを浮き彫りにした。世界は元通りにならないだろうし、これまでのやり方はもはや通用しない。そのなかで、常に時代の先を行くと言われる音楽はどのような未来を描こうとしているのか。これからも文化をサステインさせるためにはどういった方法があるのか。トークの模様を振り返る。

 * * *

若林:実際にアルバムの制作に入り始めたのはいつ頃だったんですか?

三船:去年の末ぐらいです。中国でコロナの話が出始めたくらいの時期でした。

若林:でもその時は、まさかこんな大事になるとは思ってなかったでしょう?

三船:まさか思わなかったですね……。

小熊:そのなかで、アルバムタイトルにもある「祝祭」というキーワードはどういったところから浮上してきたんですか?

三船:もともとコロナの混乱が訪れる以前から、最近はタフな世界になってきたように感じていました。アメリカもああいう状況だし、UKでもブレグジットがあって、決して平和じゃない。第一次世界大戦の直前みたいなキナ臭さというか。中国とアメリカの拮抗も、1個ドミノが倒れたら全部がパタパタと倒れていきそうじゃないですか。

だから去年、2010年代の最後に『けものたちの名前』というアルバムを出して、次のディケイドに移っていくという時、「今後、2010年代までは通用していた事が通用しなくなるんじゃないか」ということをすごく思っていたんです。それは5Gとかテクノロジーの話かもしれないし、少なくとも今まで大事にしてきたことが、意味がなくなるんじゃないかという予感というか。これは結果論ですが、コロナ禍になって以降、人々が消費行動で幸せを得ることがなってきた気がします。毎年新商品が出る悦びが存在しなくなった代わりに、流行り物を買い続けなくてもいいという解放感があるというか。

若林:ROTH BART BARONは以前からクラウドファンディング(以下、クラファン)を積極的に使ってきましたよね。パンデミックが訪れる前から、CDをリリースして、そのプロモーションをする中でお金が回っていくという従来の音楽産業のやり方が、だんだん通用しなくなってきたことはみんなわかっていたんだけど、それでも何となく行けるところまで行こうという雰囲気もあった。でも、結局それがコロナですべてストップしてしまって、これまでのやり方を変えて次のフェーズに行かなければならない状況になった。そういう中で今回のアルバムの成り立ちや、今後のツアーでも色々な取り組みがあると聞いています。

三船:そうですね。若林さんとは2年前に「P A L A C E」というコミュニティを立ち上げる時にも、CINRA.NETの対談でそういう話をしましたよね。やっぱりミュージシャンとしては、ツアーが活動の一番メインなんです。創作をした後に、ツアーをして、お客さんと直接会いながら何公演もやって……というサイクルの中にバンドのライフスタイルがある。でも今年は、そういった1年間のスケジュールのうち三分の二を、コロナにゴソっと持っていかれてしまった。

若林:下世話な言い方をすれば、それって収入源の三分の二を持っていかれるという話ですよね。

三船:バンドにとってはそういうことです。それはミュージシャンみんなが辛いところだと思う。巨大なオフィスを構えている人たちとかは関わってる人数も多いので、停滞しているだけでも、ものすごい血が流れている状態だと思います。そういう中での僕たちの強みは機動力で、だからこそ配信ライブのアプローチも「コロナ禍の期間だけやりました」っていう形にはしたくなかった。例えば、クラファンとかで「ライブハウスが生き残るために200万円を集めたいんです」って動いても、こんなに長い間ライブハウスが開けない状態が続いていたら、そこで集まったお金って家賃に全部消えちゃいますよね。音楽ファンがサポートしたお金が、結局そのまま大家さんに入っちゃうというのは、本当に意味が分からないですし、僕らはそれと同じような活動にはしたくないなと。

若林:すごくわかります。

三船:じゃあ、この先につながるアイデアをみんなと共有できないかなと考えた時に、日本全国で十数公演のツアーをやって、その全ての現場に配信のクルーを連れていこうと。ライブミュージックをカメラ越しに届けつつ、安全性を保ったうえで可能な限りお客さんも入れて、(現場と配信の)どちらのスタンスにもスイッチできるようなやり方ができたらと考えたんです。その経験値をミュージシャン自身が稼いでいくということを、まだ誰もやっていないから、それをやることで何か一つの結果を出せたら、よりよい未来につながるんじゃないかなと思って。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。