声優陣が小説家・夏目漱石の誕生を熱演、『吾輩は猫である』開幕(チケットぴあ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:チケットぴあ

声のプロフェッショナルが奏でる日本文学『吾輩は猫である ―はじまりの漱石―』が、10月27日に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて開幕した。

【画像】公演の模様はこちら

夏目漱石の処女作『吾輩は猫である』をベースに、小説家・漱石の誕生エピソードが友人・正岡子規や妻・鏡子らの視点を交えながら朗読劇のスタイルで描かれる。構成・演出は、これまで同シリーズを手がけてきた深作健太が続投。回替わりで登場する声優陣の化学反応に期待したい。

取材日だった初日のキャスティングは、伊東健人・山崎はるか・笠間淳・中村繪里子の組み合わせ。伊東と山崎は白を、笠間と中村は黒を基調とする衣装に身を包んで登場した。透明な水がめの中でコポコポと湧き立つ水音や、セットに照らされる回転車輪の灯りなど小説家・漱石の“始まり”を予感させる演出をバックに、4人はゆっくりと台本を開く。

「吾輩は、猫である。名(ニャ)前はまだ、ニャい」──。小説の有名な冒頭部分をアレンジした台本をもとに、第一声を発したのは<猫>役の山崎。飄々と人間を観察する小説に対して、チャーミングな<猫>像を立ち上げる。伊東は、繊細で神経質な<夏目金之助>を表情やジェスチャーをふんだんに盛り込みながら造形。“作家のすべてが表れる”という処女作において、なぜ人間でなく<猫>の視点を取り入れたのか──という理由が、説得力をもって明かされていく。

その彼と丁々発止の夫婦喧嘩シーンを繰り広げていたのが、金之助の妻である<鏡子>役の中村。この他にも幅広い声色で、金之助の教え子をイメージした人物として小説に登場する<水島寒月>や猫のガールフレンド<三毛子>など複数の役を見事に演じ分けていた。金之助と友人関係にあった<正岡子規>に扮していた笠間は、子規の壮絶な生き様を緩急自在の朗読によって体現。本作の屋台骨として作品を支える力強さを覗かせていた。

上演時間は100分ほど(休憩なし)。公演は11月1日(日)まで。

■回替わりのキャストスケジュール
10/28(水)13:00=狩野翔、吉岡茉祐、三宅健太、工藤晴香
10/29(木)13:00=関俊彦、安野希世乃、汐谷文康、青山吉能
10/29(木)19:00=関俊彦、安野希世乃、西山宏太朗、大坪由佳
10/30(金)19:00=高塚智人、安済知佳、神尾晋一郎、茅原実里
10/31(土)13:00=中島ヨシキ、加藤英美里、逢坂良太、徳井青空
10/31(土)19:00=駒田航、加藤英美里、逢坂良太、徳井青空
11/1(日)12:30=緑川光、田中美海、神尾晋一郎、井澤詩織
11/1(日)18:00=神尾晋一郎、田中美海、石谷春貴、井澤詩織

取材・文:岡山朋代

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。