『ハイスクール!奇面組』対談「和田まあやは河川唯にぴったり!」(チケットぴあ)

出典元:チケットぴあ

‘80年代に連載され人気を博した学園ギャグマンガの金字塔の舞台化第三弾「舞台『ハイスクール!奇面組3』~危機一髪!修学旅行編~」が11月18日(水)に開幕する。ヒロイン・河川唯(かわゆい)を演じる和田まあや(乃木坂46)と、第一弾から演出を手掛けるなるせゆうせいに話を聞いた。 ‘17年、’18年に上演し、3作目となる今作を「ひとつ集大成的なものになると思う。終わるわけじゃないんですけど(笑)」と話すなるせ。今回もつくるのは「昭和の空気感のあるドタバタ劇」。「僕の中ではドリフです。小学生から大人まで楽しめる、あのドタバタな感じを今回もやっていきたい。今だからこそ、みんなが笑って楽しめるものがつくりたいです」

<写真>和田まあや

そんな本作に初めて参加する和田は、コントライブの経験はあるが、芝居の舞台に立つことも初めて。「新しいことに挑戦したい気持ちは常にあるのですが、舞台には苦手意識があって、お話をいただいたときに『本気で頑張らないとできない』と思いました。だからこそ挑戦したいです」と意気込む。それに対しなるせは「和田さんは河川唯にぴったりですよ。河川唯ってその名の通りかわいいけど、どこか抜けている。ただの“かわいい子”ではないんです。和田さんにもそういう魅力がある。だから今回は、和田さんの良さをそのまま引き出せたらと思っています」と太鼓判を押す。

今回は、主人公・一堂零と河川唯の恋も描かれるそうだが、和田は「ラブは初めてです(笑)。でも一堂零役が、以前コントライブでご一緒した平野良さんなので安心しています。そのとき、すっごく助けていただいたんですよ」と笑顔。今回の“修学旅行編”は、原作・新沢基栄の希望で生まれたオリジナル作品で、どのような展開になるのかは幕が開いての楽しみだ。

今回も、和田や平野のほか、寺山武志、もう中学生、高木晋哉(ジョイマン)、井深克彦、なだぎ武らバラエティ豊かなキャストが出演。もう中学生や高木は劇中でネタを披露することもあるが「“役に近づく”というよりも“役を自分に近づける”イメージ。役者の肉体を通すから、そういうプラスアルファはあっていいし、こういう冒険は舞台ならではのものだと思ったから。だから河川唯にも、『和田まあや』が出てきてほしいです」(なるせ)。和田は「私のファンの方々は、私に舞台はできないんじゃないかと心配していると思う(笑)。そこをいい意味で裏切りたいです。がんばっている姿を観てもらえたら」と意気込んだ。

公演は11月18日(水)から23日(月・祝)まで東京・草月ホールにて。

文:中川實穂

【広告】

Doresuwe



コメントは受け付けていません。