若月佑美、ソロ転身後の変化「素の自分でもいいかな」と思えるように(クランクイン!)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:クランクイン!

秋元康が企画・原作を務めるドラマ『共演NG』(テレビ東京系/毎週月曜22時)で元アイドルの女優・篠塚美里を演じるのが、2018年に乃木坂46を卒業して女優へ転身した若月佑美だ。ソロ活動へ移行してから2年。アイドルだった当時は「人にはないもので、どう自分のキャラクターを作るか考えていた」というが、次第に「素の自分でもいいかな」と思えるようになったという。

【写真】元アイドル女優役ということで、“アイドルっぽい”ポーズも取ってくれた若月佑美

■一人の女優として「何をするにも責任を背負わなければいけない」

 芸能界のタブーともいえるさまざまな出演者同士の“共演NG”をテーマにした本作。元アイドルの女優にふんする若月は劇中劇に出演し、さらに、元々は同じグループに所属していた現役売れっ子アイドル・内田梢(小野花梨)と“犬猿の仲”でいがみ合うという役柄を任されたが、場面によっては「普段の私とは違う!」と念を押しておきたい部分も。

 「誰かと誰かが“共演NG”というのは未知の世界で、脚本を頂いてキャラクターがかぶるからNGとか、本当にあるのかなと思いました(笑)。でも、ドラマ内の細かな作りは割と現実に忠実で、スタッフさんの言い方や前室での振る舞いなどがリアルで、演じる上での難しさもありました。

 私ならば前室でどう振る舞うかは分かるけど、美里はどうするんだろうとか。これまでの芸能生活でカメラの前にいるとき以外の自分の行動を意識したことがなかったし、あえて裏側を演じるというのは楽しかったです。

 ただ、後輩の子に対する言葉遣いは自分らしくはないかな。劇中では梢役の小野花梨さんに『あんたのせいで』とか『何々してやってんだよ!』と詰め寄るシーンもあるんですけど、私は声が低いからそういうセリフだと『元ヤンでしたか?』と言われるほど合ってしまうみたいで(笑)。だから、そこはリアルだと思ってほしくないです(笑)」。

 グループを卒業して2年ほど。直近でも本作のほか、7月期に放送された連続ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)では主人公・相原メイ(多部未華子)の同僚である天馬あかり役を演じるなど、女優としての存在感を発揮している。

 グループの一員として活動していた当時と比べて、仕事とプライベートの両面で変化も味わっている日々では「すべての矢印が自分へ向くようになりました」と語った若月。「何をするにも責任を背負わなければいけないし、私にしかできないこともあるはずだからすべて自分次第」だと実感しているという。

【広告】

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。