山口紗弥加、もがき苦しんだ30代後半 “毒妻”役でストッパーを外し自由に(クランクイン!)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:クランクイン!

自分を陥れた者への復讐に命を燃やすマネージャー、ドSで毒舌だが心の底では周囲への優しさがあふれる放射線技師、大物俳優と結婚したクセが強めな元アイドル…。近年さまざまな作品で幅広い役柄を演じ、確かな存在感を発揮し続ける女優の山口紗弥加が次に挑むのは、マッチングアプリに出会うことで大きな転換期を迎える38歳の女性だ。自身を振り返っても「微妙な年齢だった」という38歳の等身大の女性を演じるにあたり“さらけ出した”という山口に、本作で伝えたい思いを聞いた。

【写真】恋、仕事、人生の転換期を迎える38歳・等身大の女性を演じる山口紗弥加

◆この作品での目標は「さらけ出すこと」

 『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』は、松本千秋による「コミックエッセイ大賞」入賞作をドラマ化。現代を生き抜く女性たちへの応援歌となるようなラブコメドラマを紡ぐ。山口が演じる松本チアキは、38歳のバツイチ独身イラストレーター。ひょんなことからマッチングアプリを始め、好奇心からいろいろなタイプの男性に出会う中で、新たな自分を発見していく。

 「オファーを頂くまで、マッチングアプリというものを知らなかった」という山口。「体験してみたいなと思って登録しようとしたのですが、周囲に止められました」と笑うが、「マッチングアプリと聞いた時に“妖しく危険な香りがするもの”というイメージが一瞬頭をよぎりましたが、実際は、恋をする目的だけではなく、ビジネスや新しい何かが生まれていく、人とのご縁をつなぐものなんだという認識が今はあります」。

 撮影はすでに終了したそうで「疲れました(笑)」と一言。「この作品に挑む前に決めたのは“さらけ出す”ということ。持っているものすべてを使い切る。体力を消耗していく感じがもろに出ていると思います」と話す。「この作品って、人の一生の数十年分を3ヵ月という短い期間にギュッと濃縮しているような作品。たった今、私の体の内外で起こっている変化というものを生々しく記録したいと思ったので、疲れで目がくぼんだり、頬がこけていくさまなども余さず見ていただけたら」。

◆恋愛相手は「ほったらかしにしてくれる人がいい」

 チアキが出会う一癖も二癖もあるイケメンたちとのラブシーンも注目を集めるが、「さほど濃厚な描写ではないのですが、こんなに体力が必要なのか!と。本当に汗だくになって、こうしたらきれいに見えるんじゃないか、ここはこうしたら勢いがつくんじゃないかと相手の方と試行錯誤しました。ラブシーンって意外と滑稽だよね、美しいだけじゃないよねというところを目指したので、ほかの作品ではないような、ちょっと笑えるラブシーンになっていると思います」と自信を見せる。

 ちなみに山口が恋愛相手に求めるものを尋ねると、「ほったらかしにしてくれる人がいいです。毎日連絡しなきゃいけないとかはちょっと難しくて、2週間でも1ヵ月でも連絡しなくて大丈夫な人…勝手な私を、首を長くして待っていてくれるような人がいいですね(笑)。あとは、ストレートに好きだという気持ちを表現してくれる男性だとうれしいです。チアキはきっと、ただ無邪気に愛し、愛されたかったんだろうなと。求められていると実感したくて、その瞬間だけでも愛されていると思いたくて、ひとときの幸せを探して…男性たちとの肌の触れ合いを求めていったんじゃないのかなと、解釈しています」。

【広告】


コメントは受け付けていません。