【名回答連発】山田孝之“先生”が子どもたちの悩み&疑問に答えました!(映画.com)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:映画.com

オンラインで気軽に芸能活動ができるオンライン・アクターズ・スクール「ACT芸能進学校(=A芸)」(https://act-college.com/)の特別ワークショップ「interACT(読み方:インタラアクト)」が、11月11日に開催され、山田孝之が特別講師として授業を行った。直接指導を行ったのは、4名の生徒だったが、「Zoom」のウェビナー機能を活用し、その模様を同校の子どもたちがギャラリー参加。演技指導後には、Q&Aコーナーが設けられ、山田が生徒たちの疑問や悩みを解決するひと幕があった。そのやりとりのなかから、印象的なものをピックアップする。

【フォトギャラリー】授業を行った山田孝之

Q、オーディションの時、どんな部分を見ていますか?

 僕も何十回と受けてきて、いっぱい落ちていますし、その度にへこんでいたんですよ。「俺は駄目だったんだ」「芝居が下手だったんだ」という感じでね。でも、オーディションって、脚本のキャラクターに合った人を探しているだけなんです。つまり、キャラの雰囲気、目の感じ、声に合う人を待つ作業。監督をしていた時に言っていたんですが、オーディションに落ちてもへこまなくていいんです。スタイル、芝居の質がどうかではなく、(合格の要因は)合っているかどうかです。

 運といえば運ですが、事前に脚本をもらえているのであれば、そのキャラクターになりきってオーディションに行けば、監督やプロデューサーは「ぴったりな子が来た!」となります。そう思わせるのがベストです。そんなことが過去にもありました。皆が普段着で来るなか、学ランを羽織り、キャラの空気をまとってきた方がいました。芝居をした瞬間「(求めていた人物が)ここにいた!」と。でも、普通に会話をしていると、役のイメージとは全然異なる。僕らは、芝居に騙されたわけです。結果、彼は合格になりました。

Q、緊張しやすく、失敗が怖くて、諦めてしまうことがたくさんありました。自信を持って話せるようになりたいです。

 緊張は、僕もします。例えば、慣れていないことをする時は、当然緊張します。それは失敗が怖いから。でも、諦められない状況なので、諦めることはできない。緊張する理由、それは単純に「準備が足りていないから」だと思います。それと「理想が高すぎること」。自分を良く見せようと思わないでください。在りのままの自分こそ、ベストな自分。他にあなたという存在はいないからです。今の自分を見せること、これが凄く大事だと思います。それと失敗を失敗だと思わないこと。そういう経験は貴重ですから。

Q、アドリブはどうやったら上手くなりますか?

 僕もアドリブは全然きかないんですよね……。でも単純な話、本番を迎えた瞬間、キャラクターにしっかりなりきっていれば、何を言われても、その人物としての受け答えができるはず。それは結果的にアドリブですよね。とにかく「自分=役」だと思い込むことですね。一番役のことを愛して、一番信じてあげる。そうすれば、どんなことが来ても対応できると思います。

Q、どのようにキャラクターを作っていますか?

 まずは台本にヒントがいっぱいあるので、とにかく読んでみて下さい。キャラクターは、この世に存在しません。全世界の約70億人のなかにもいない架空の人物です。それを「本当にいるんじゃないか?」と思わせないといけない。僕はドラマや映画の撮影期間、自分のことを考えている時間よりも、キャラクターのことを考えている時間の方が長いです。そうすればアドリブも自然に出るようになりますし、皆に「キャラクターに見える」と信じてもらえるようになると思います。

Q、セリフはどうやって覚えるんですか?

 とにかく何度も何度も読む。かつてはひたすらセリフをノートに書くということもやっていました。あとは音で覚えるというやり方も、すごくやりやすいと思います。スマホのボイスメモ機能に使って、文字を読みながら全員分のセリフを言う。そして、録音したものを聞く。聞きながら、台本を見て、自分のセリフ部分では(録音した音に)合わせながら言っていくんです。そうすると、音で体が覚えていく。

 次の段階は、自分のセリフを心の中だけで言って、相手役のセリフだけを録音する。それを再生しながら、自分の声と、録音の声で掛け合いをするというやり方があります。あとは動くことも大事ですよ。動きと連動すると、セリフが入りやすくなります。舞台の稽古は、まさにそうだと思います。長期間、それを継続させるので、セリフ、動き、衣装替え、入りはけのタイミングが全部覚えられます。

Q、俳優として気をつけたり、日頃行ったりしていることはありますか?

 台本が手元に来たら、とにかくキャラクターのことを考え続けましょう。昔から「人間観察をするのは良い」と言われていますが、本当にそうです。例えば、先生やクラスメイトの喋り方と動き方を真似することがあったりするでしょう? これも立派な役作りです。役を作る時も楽しんでほしいんです。物真似だって、全然いいんですよ。

 「とにかくいっぱい喋る人物」を演じたことがあります。過去に僕の友達でいっぱい喋る人がいました。その人は喋る時、やたらとジェスチャーが多い人。役作りの際、それをパッと思い出して、その人を取り入れたんです。物真似って素晴らしいんですよ。お芝居でも、歌でも。最初の入口として、とても大事なことです。

Q、役の気持ちが私生活におよばないように、気をつけていることはありますか?

 むしろ私生活に影響を与えていいと思っています。経験としてあるのは、撮影前、撮影中、撮影後に受けたインタビューで、それぞれ言っていることが違っていました。それはなぜかというと、その瞬間瞬間に別の人間を生きようとしているから。でも、それは俳優ならではの面白いことだと思っているんです。「言っていることが違う」と指摘されても、それは仕方ない。なぜなら違う人間として生きていたから。私生活に影響を与えるほど、役のことを信じ、役に歩み寄り、さらに役を引き寄せている――これは誇れることだと思います。

Q、なぜ役者になろうと思ったんですか?

 (芸能界入りの)きっかけはスカウトなので、オーディションに行ったら、(製作サイドが)その時探していたキャラクターに合っていたので、たまたま合格したんです。気づいたら俳優を21年くらいやっています。でも、実は生きている人は、全員役者なんですよ。皆、お芝居を常にしています。嘘泣きとか、知ったかぶりとか、愛想笑いも、全部お芝居。芝居をするということは、当たり前のこと。でも、その当たり前にやっていることを極めるというバカバカしさが、僕は好きです。

Q、おすすめのゲームはありますか?

 テレビゲームとかではなく、俳優として芝居に役立つゲームを聞いているんだよね? そういう意味だと信じてるよ(笑)? そうだな……人狼ゲームは、めちゃくちゃ良いと思います。嘘をつかないといけないゲームなんですが、それが難しい。僕も心臓がドキドキして挙動不審になってしまう。最近勝てるようになったんですが、人狼カードを引いてしまった時、自分を『村人だ』と洗脳するんです。僕は役作りの時『(自分は)山田じゃない。この人だ』という作業をしてるんです。それと同じことなので結構いいかもしれません。

Q、山田さんは、憑依系の役者さんですか?

 僕は憑依系なんてものはないと思っています。(芝居は)ちゃんと頭で考えて、その気持ちになって演じるということです。もし憑依系というものがあるとしたら、僕はいっぱい人を殺す役をしてきているので、既に逮捕されているはず。憑依系なんてない! いわゆる特別な人という感じですよね? そんな人はいません。芝居なんて誰でもできる。皆やっています。特別なことなんかではないんです。

Q、モテたいという理由で芸能活動を始めました。モテるコツはありますか?

 素直で素晴らしい! ちょっと待って、小栗旬呼んでくるね(離席)――冗談です、ここにはいません(笑)。全然良いことだと思いますよ。バンドを組む、運動を頑張る、不良になる――全てモテたいというのが動機だったりしますからね。芝居をするきっかけも、なんでもいいんです。その後、芝居の本質が見えてきて、好きになって、モテることなんかどうでも良くなった時、どんどん“良い芝居”ができるようになりますよ。

 今はそれで良いと思います。ただ、カメラに撮られている時『かっこよく映りたい』と思ってしまうと、決して良い芝居はできない。僕はね、どんどん芝居が上手くなっていって、自分らしく生きている方がかっこいいと思う。モチベーションは、その時々で変わっていくし、変わっていってもいい。今はモテるために、良い芝居をしよう。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。