麻布・広尾・目黒……ただの「原っぱ」を高級住宅街へと飛躍させた日本の戦後史(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

麻布、広尾、目黒という主に日比谷線沿線の地名を聞くと、芸能人や著名人が多く住み、住みたいが手の届かない「山の手」の「お屋敷町」、「高級住宅街」というイメージがあります。実際、沿線別の路線地価は極めて高くなっています。

【地図】麻布・広尾・目黒の位置関係

 他方で、地元民や年配者などは全く対極のイメージも持っています。意外ですが、「原っぱ」、「庶民層」、「ブルーワーカー」などの印象です。この地域の1960年代は、映画『ALWAYS三丁目の夕日』の舞台に近いかもしれません。

 この二重性をひも解いてみようとするのが本稿の狙いです。3回続きの第3回は、近現代のまちづくりという側面から。

※ ※ ※

 東京の南西地域の丘陵地域が持つ、対極的な二重性。なぜ、このようなイメージが持たれるようになったのでしょうか。

 理由を要約すれば、江戸の自然地形を利用して江戸のまちづくりを計画的に行った徳川家康、そして、それを近代都市化しようとした明治新政府、震災と戦争の破壊からの再建計画、戦後の高度経済成長、バブル経済による地価急騰と崩壊、そしてアベノミクスなどが重ね合わされた結果です。

 この歴史的変化によって、この地域の価値が逆転し、表面と深部が逆のイメージを持つことになったようです。

 パリのような計画的なヨーロッパ都市では、このような二重性は生まれなかったでしょう。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。