『鬼滅の刃』も大ヒット 社会が暗いと「大正時代がはやる」は本当か(アーバン ライフ メトロ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:アーバン ライフ メトロ

世間はどこもかしこも『鬼滅の刃』一色。東京の街を歩いていても、あちこちからテレビアニメ『鬼滅の刃』の主題歌「紅蓮華(ぐれんげ)」が聞こえてきます。同作がこれだけヒットしたのは、やはり大人から子どもまで楽しめる作品だったからでしょう。

【600人に聞きました】今年の流行語、『鬼滅の刃』は何位に入る?

 皆さんご存じのとおり、漫画『鬼滅の刃』は2016年から2020年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載されていました。

 これが80年代の『週刊少年ジャンプ』だったら、「お館様」こと産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)が真の黒幕だったり、鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)を倒した後に次なる新組織が出てきたりしそう……と考えたのは筆者(昼間たかし、ルポライター)だけではないでしょう。

 筆者は、以前ある人から「胡蝶(こちょう)しのぶが好きですよね?」と言われたので、「いやいや甘露寺蜜璃(かんろじ みつり)でしょ」と答えたところ、なぜか微妙な顔をされましたが、とにかく『鬼滅の刃』を楽しんでいます。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。