クリストファー・ノーラン、音がうるさすぎてセリフが聞こえないと文句を言われショックを受ける(シネマトゥデイ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:シネマトゥデイ

映画『ダークナイト ライジング』から『インターステラー』、そして新作『TENET テネット』に至るまで、音がうるさすぎてセリフが聞き取れないと批判されることもあるクリストファー・ノーラン監督。映画評論家のトム・ショーンがノーラン監督の全面協力を得て執筆した書籍「ザ・ノーラン・バリエーションズ(原題) / The Nolan Variations」(11月3日米発売)では、映画ファンのみならず、仲間の監督たちからもサウンドについて文句を言われてショックを受けたというノーラン監督のエピソードが明かされているという。IndieWireが伝えた。

【動画】『TENET テネット』すごすぎメイキング映像

 宇宙を舞台にした壮大なSFドラマ『インターステラー』の公開時にサウンドが批判された際にも、「何年にもわたって僕が尊敬する多くのフィルムメイカーたちは、サウンドを大胆なやり方で使ってきた。セリフが明瞭かだけを目指すべきではない。明瞭なストーリー、明瞭な感情……僕はそれらを画とサウンドを何層にも重ねた形で実現しようとしている」と自身の映画にとってこれが相応しいアプローチだったと The Hollywood Reporter に語っていたノーラン監督。「ザ・ノーラン・ベリエーションズ(原題)」でノーラン監督が明かしているのも『インターステラー』公開時の経験だ。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。