吉田美月喜、出演作『たぶん』へ熱い思い「一歩でも前に進んでもらえたら」(シネマトゥデイ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:シネマトゥデイ

女優の吉田美月喜が14日、都内で行われた映画『たぶん』の公開記念舞台あいさつに出席し、切ない恋を描いた本作への熱い思いを語った。この日は木原瑠生、小野莉奈、寄川歌太、めがね、糸川耀士郎、音楽ユニット・YOASOBI(Ayase、ikura)も登壇し、メガホンを取ったYuki Saito監督は会場に手紙を寄せた。

【写真】透明感すごい!注目女優・吉田美月喜

 『たぶん』は、YOASOBIの第4弾楽曲の原作小説「たぶん」を原案に、男女三組の別れを切なく描いたショートストーリー。吉田は、夏の大会が自粛で中止となってしまった高校サッカー部のマネージャー・江口を演じている。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。