『先生を消す方程式。』“義澤”田中圭、“筋トレ”シーンにネット歓喜「良い筋肉!!」(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

田中圭が主演を務めるドラマ『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系/毎週土曜23時)の第3話が14日に放送され、田中演じる主人公の教師が上半身裸でトレーニングしている姿が描かれると、ネット上には「サービスカットきた!」「たくましいカラダにドキドキが止まらんっ!」といった投稿が集まった。

【写真】長井弓らの策略で死にかけた義澤(田中圭)

 本作は、セレブの子息が多く東大進学率も高い都内の進学校“帝千学園”を舞台に、いつも笑顔で生徒に接する謎多き数学教師・義澤経男(田中)と、彼に殺意を抱く高IQ生徒たちが壮絶バトルを繰り広げる学園サスペンス。『奪い愛、冬』『M 愛すべき人がいて』の鈴木おさむがオリジナル脚本を担当する。

 担任教師・義澤経男を“消す方程式”を立てると決めたものの、剣力(高橋侃)に続いて大木薙(森田想)まで失敗してしまったことに、藤原刀矢(高橋文哉)は激しく苛立ち始める。そんな刀矢に恋心を抱く長井弓(久保田紗友)は、自殺に見せかけて義澤を消す計画を思いつく。

  “女子生徒が倒れている”と大きな木の生えた中庭に連れて来られた義澤。彼はうつ伏せに倒れている女子生徒に声をかけて起こそうとする。そこにはなぜか能面をかぶった薙の姿が。驚いた義澤の首に弓が縄を巻きつけると、縄を大きな木の枝にかけて力も加勢して引っ張り上げる。

 首を吊られて宙に浮いた義澤は、苦しげな表情を浮かべながら左手で頭上の縄をつかむとさまざまな記憶がフラッシュバックする。その記憶の中には、恋人・静(松本まりか)を襲った犯人への復讐を誓った義澤が、自らの肉体を鍛える様子も。

 画面に、義澤役の田中が上半身裸で黙々と懸垂に打ち込む姿が映し出されると、ネット上には「わあトレーニング姿やばい」「サービスカットきた!」などの声が相次ぎ、さらに彼の見事な肉体美に「良い筋肉!!」「筋肉!!フォー!!かっこいい!!」「たくましいカラダにドキドキが止まらんっ!」といったコメントが殺到した。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。