『共演NG』第4話 “瞳”鈴木京香、大乱調 “雪菜”山口紗弥加と「元カノVSイマ嫁全面戦争」(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

俳優の中井貴一が主演し、女優の鈴木京香がヒロイン役を務めるドラマ『共演NG』(テレビ東京系/毎週月曜22時)第4話が今夜放送。第4話では、撮影現場に現れた英二(中井貴一)の妻・雪菜(山口紗弥加)の影響か、瞳(鈴木京香)の様子が明らかにおかしくなる。

【写真】“英二”中井貴一と“瞳”鈴木京香のキスシーン 謎の新キャラも 『共演NG』第4話より

 ドラマの撮影現場に雪菜が突然現れ、英二は激しく動揺する。しかも、雪菜は瞳の神経を逆なでするような態度を見せる。

 一方、撮影は順調に進み、『殺したいほど愛してる』の放送は、プロデューサーの是枝育夫(迫田孝也)と部長の戸沢寛治(岩谷健司)が「社長賞確実!」と期待するほどの話題作になっていた。

 ところがその好調っぷりとは裏腹に、撮影中の瞳は明らかに様子がおかしい。段取りの確認をすれば上の空で、セリフも忘れる。そして、あからさまにイライラしてる…。原因は現場に現れた雪菜にあるとにらんだスタッフは、「嫉妬!?」「元カノVSイマ嫁全面戦争勃発!?」と噂する。

 そんな中、重要なシーンの撮影である事件が起きてしまい…。水面下では市原龍(斎藤工)の新たな企みが進行していた。

 本作は、秋元康が企画・原作、大根仁が脚本・監督を務め、もしも弱小テレビ局の社運を懸けた大型連続ドラマで、25年前に破局した“共演NG”の大物俳優2人が共演することになったら? という業界のタブーに切り込む設定で、ドラマ制作の舞台裏を描く“大人のラブコメ”。実力派大物俳優・遠山英二役を中井、人気女優の大園瞳役を鈴木が演じ、山口紗弥加、斎藤工、リリー・フランキー、猫背椿らが共演する。

  ドラマ『共演NG』第4話は、テレビ東京系にて11月16日22時放送。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。