SHIBUYA TSUTAYA店員・さくらしめじが“朝ライブ”開催、開店前に店内で歌う(音楽ナタリー)

出典元:音楽ナタリー

さくらしめじが本日11月14日、東京・SHIBUYA TSUTAYAを舞台に配信ライブ「#シブツタしめじ 最終出菌!? おはようライブpresented by SHIBUYA TSUTAYA」を実施した。

【写真】さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)(メディアギャラリー他13件)

さくらしめじとSHIBUYA TSUTAYAは、11月14日までコラボキャンペーンを展開中。レンタルフロアの担当店員に任命されたさくらしめじの2人は、おすすめのレンタルCDやDVDを紹介するポップを作成したり、店内で撮り下ろされた写真を使った展示を行ったりと、精力的な“顧客サービス”を行ってきた。配信ライブは“最終出勤日”の店舗開店前に行われ、田中雅功と高田彪我は早朝からフルパワーのパフォーマンスを披露してきのこりあん(さくらしめじファンの呼称)にさわやかな朝を届けた。

8時45分、配信画面に姿を見せたさくらしめじの2人は「スタートダッシュ」でこの日のライブをスタートさせた。元気いっぱいの2人はパワフルにギターをかき鳴らしながら天井までずらりと本が並ぶこの日限のスペシャルなステージに晴れやかなハーモニーを響かせた。

1曲目から目の覚めるパフォーマンスを展開したさくらしめじ。2曲を終えると「おはようございまーす!」と叫び、「SHIBUYA TSUTAYAレンタルフロア店員1・田中雅功です!」「SHIBUYA TSUTAYAレンタルフロア店員2・高田彪我です!」と自己紹介した。さっそく店員としての顔を見せた2人は、自分たちが作成した何枚ものポップの中からお気に入りのものをそれぞれ紹介。クリープハイプを敬愛する雅功はバンドのアルバム「吹き零れる程のI、哀、愛」のポップをカメラに見せ「ほかのポップには絵とかも描いたんだけど、これだけ、あえてシンプルに『神様』と書いたの」と説明する。一方の彪我は映画「アナベル 死霊館の人形」のポップを掲げ「僕が描いたアナベル、似てるよね? 見に来てくれた方にも好評だったんです」と自信ありげに語ったが、雅功からは「いや、怖いよ(笑)」とツッコまれていた。

「みんなで気持ちのいい朝を過ごしていきたいと思います」という雅功の言葉と共に披露された「だるまさんがころんだ」の弾き語りでは、彪我がゆったりと言葉を紡ぎながらカメラの向こう側を笑顔で見つめる。三線の音色も印象的な名嘉俊(HY)提供の「合言葉」では、明るいサウンドながら切ないメッセージを放つこの曲を2人は力いっぱいに歌い上げた。

最新アルバム「改めまして、さくらしめじと申します。」収録の「風とあるがままに今を歩こう」をパフォーマンスすると、この日2度目のMCへ。朝ライブならではのステージドリンクとして用意された青汁を飲んだ雅功と彪我は「まずい、もう1杯!」とお決まりのリアクションをしてみせ、彪我は「健康的すぎない? 僕ら!」と笑った。そして2人は、視聴者に直接レコメンドしたい作品を1作ずつ紹介していく。アニメ「五等分の花嫁」を選んだ彪我は「まさかここまでハマるとは思ってなかった。とにかくみんなかわいいの! おすすめポイントは全部!」と楽しそうに語って「それ言ったら会話にならないんだよ!」と雅功に笑われる。雅功はthe peggies「NEW KINGDOM」を手に取り「1曲目の『グライダー』をきっかけにthe peggiesさんが好きになったんです。声が最高です。『青春なんかに泣かされて』をティーンの人に聴いてほしい!」と呼びかけた。

片思いの感情を切なく歌う「きみでした」はアコースティックバージョンで届けられ、雅功と彪我は柔らかく繊細なハーモニーで臆病な男の子の気持ちを鮮やかに描き出す。そののち、2人はセンチメンタルなムードをがらりと変えるように「てぃーけーじー」をドロップ。彪我の大好物・卵かけごはん(TKG)への愛を歌うアップチューンで、彪我は「今から俺らが朝食食らわせたるー!」と叫ぶ。間奏では「朝の挨拶の練習をしたいと思います!」と呼びかけた彪我が「おはようございます!」「こちらレンタルフロアになります!」と反復練習をして視聴者を楽しませた。

「えそらごと」を歌い終えるなり、「もうこんな時間? ヤバい、開店する! 準備しなきゃ!」と慌てて画面の外へ消えたさくらしめじ。するとカメラの前には2人のぬいぐるみ・しめぬいが登場し、最終出勤日の開店を目前にした雅功と彪我の軽快なやりとりが繰り広げられた。しめぬいの2人が「最終準備だ、画面の前のみんなも体をほぐそう!」と言うと、SHIBUYA TSUTAYAのユニフォーム姿で準備万端のさくらしめじが再登場。ライブのラストナンバーは「しめじ体操」で、雅功と彪我は“しめじ体操”で思い切り体を動かしながらお客様を迎えるウォーミングアップの仕上げをした。

ライブの最後には、「さくらしめじ×SHIBUYA TSUTAYAキャンペーン」が好評のため、11月30日まで期間延長されることが発表された。ライブのアーカイブは、11月17日23:59まで視聴可能となっている。

■ さくらしめじ「#シブツタしめじ 最終出菌!? おはようライブpresented by SHIBUYA TSUTAYA」2020年11月14日 セットリスト
01. スタートダッシュ
02. はじまるきせつ
03. だるまさんがころんだ
04. 合言葉
05. 風とあるがままに今を歩こう
06. きみでした(Acoustic Version)
07. てぃーけーじー
08. えそらごと
09. しめじ体操

※高田彪我の高ははしごだかが正式表記。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。