角川春樹、最後の監督作「悔いのないように」妻との約束(シネマトゥデイ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:シネマトゥデイ

映画『みをつくし料理帖』(公開中)が、角川春樹にとって生涯最後の“監督作”となる。本作にも出演している石坂浩二主演による金田一耕助シリーズ第1作『犬神家の一族』(1976)を皮切りに、プロデュース作、監督作合わせて実に73作品を世に送り出してきた映画界の寵児も御年78歳。約10年ぶりにメガホンを執ることに躊躇(ちゅうちょ)していた角川の背中を押したのは、ほかでもない角川の一番の理解者である妻(歌手のASUKA)だった。「後悔のないように」という夫婦で交わした約束を胸に、角川が最後の大勝負に出る。

【動画】角川春樹、生涯最後の“監督作”を語る!

 本作は、角川がその才能に惚れ込んだ作家・高田郁の同名ベストセラー時代小説(ハルキ文庫)を初映画化した人情劇。幼いころに両親を亡くした主人公・澪(松本穂香)が、さまざまな苦難を乗り越えながら女料理人として成長していく姿を描く。澪と離ればなれになってしまう幼なじみ・野江を奈緒が演じるほか、窪塚洋介、小関裕太、藤井隆、衛藤美彩の初参加組に加え、薬師丸ひろ子、浅野温子、若村麻由美、石坂浩二、中村獅童、反町隆史、野村宏伸、榎木孝明、鹿賀丈史、永島敏行、渡辺典子ら角川映画ゆかりの俳優が勢揃いする。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。