新木優子「行動と発言には必ず責任が伴う」 主演作で強くした意識(クランクイン!)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:クランクイン!

『連続ドラマW セイレーンの懺悔』で、WOWOWドラマ初主演を務める女優・新木優子。演じる入社2年目の報道記者・朝倉多香美は、正義感が強い反面、自身の過去にとらわれ暴走する一面もあるという難しい役どころだ。「自らの思いを胸に仕事と向き合う」ことが描かれている作品だが、新木自身、女優という仕事に対してどんな思いを持っているのだろうか――。

【写真】美しいまなざしが印象的な新木優子

◆大好きなミステリー・サスペンス作品挑戦に“ワクワクした思い”

 もともとミステリー作品が大好きだという新木。重厚な作品を数多く世に送り出してきた連続ドラマWで、本格サスペンスの主演を務めることに「どうやって視聴者を欺けるのかを、逆算しながら演じていくことへの挑戦がとても楽しみで、ワクワクした思いで撮影に挑みました」と笑顔を見せる。

 新木が演じた多香美は、あるつらい過去を抱えている女性で、その強い思いを胸に社会正義に向き合う記者だ。「多香美の心にはいろいろな感情が渦巻いています。でも人ってそういうものだし、すごく人間味のあるキャラクターだと思いました。逆に自然体でいることの難しさを実感しました」と挑みがいのある役だったという。

◆自分の気持ちとシンクロさせることで役を捉える

 報道記者という立場でありながら、多香美は自身の過去にとらわれ自らの思いを強く仕事に向けてしまう。そのことで大きな問題が生じてしまうが、新木は「記者という職業上、どれだけ物事を客観的に捉えられるかが大切だと思います。もちろん、物事を起こすときに、自分の強い思いが大きな原動力になることもあると思いますが、やっぱり冷静さは常に持っていないとダメですよね」と語る。

 一方「女優業では?」と問うと「なかなか共感しづらい役を演じるとき、どうしたらいいか分からなくなってしまうので、私情というか、自分の気持ちとシンクロさせることで、役を自分事として捉えられます。その方が役に入り込めると思うんです」と私情を乗せることは肯定的にみているようだ。

◆改めて意識した「行動や発言に伴う責任」

 本作では、インターネット社会の功罪も描かれている。「私もインスタグラムをやらせていただいていますが、自分の発した言葉や文字が誰かを傷つけることになってしまうのではないか…ということは発信する前に1回考えます」と向き合い方について述べる。

 主演として臨んだ本作だが、作品を共にした大先輩たちの芝居には大きな影響を受けた。中でも先輩記者・里谷太一を演じた池内博之とは対峙(たいじ)するシーンが多かったが「すごく気さくで優しい方だったので、緊張感を持ちつつ、バディ感を出せたように思います。思い切りぶつかることができて、とても楽しかったです」と撮影を振り返る。

 作品を通して「行動や発言には必ず責任が伴う」ということを強く感じたという新木。「仕事ばかりではなく、日常生活の中でも、しっかり考えて物事を行うきっかけになるような作品になれば」とドラマに込めたメッセージを語った。(取材・文:磯部正和 写真:高野広美)
 
 『連続ドラマW セイレーンの懺悔』は、WOWOWプライムにて10月18日より毎週日曜22時放送(第1話無料放送)。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。