かつて小笠原諸島は「ルー大柴」だらけだった? 多様な言葉が入り交じって生まれた「小笠原方言」とは(アーバン ライフ メトロ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:アーバン ライフ メトロ

日本語と一口に言っても、その方言はさまざまです。21世紀の現在、まったく理解できない方言はまず存在しませんが、それでも見知らぬ土地に行くと、頭の中が思わず「?」になりそうな方言が残っています。

【意外と知らない?】東京から約1000km離れた「小笠原諸島」を見る

 東京の方言でまず思い浮かぶのは、「てやんでえ」で知られる江戸弁や、「~ざます」のような山の手言葉でしょうか。しかし広い東京には、もっと興味深い方言があります。それが「小笠原方言」です。

 小笠原方言は小笠原諸島に属する父島や母島で使われている、欧米系の島民が話していた言語と日本語が混ざって生まれた方言です。

 簡潔に表現すれば「日本語と英語のごった煮」なのですが、その形成過程はかなり複雑です。

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。