今やお口の定番「のどあめ」 普及の発端は首都圏「駅の売店」だった(アーバン ライフ メトロ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:アーバン ライフ メトロ

2020年10月からたばこが値上げされ、主要銘柄はついに500円台へ突入しました。

【画像】のどあめ「最新製品」を見る

 欧米は日本円で一箱1000円以上という国も多いため、価格が高いとはまだまだ言えませんが、「これを機会に止めよう」という人も少なくないことでしょう(ちなみにロシアだけは日本よりも価格が安いです)。

 喫煙所は都内の繁華街でも激減中。その結果、灰皿を置いているたばこ販売店に人が集まりすぎて問題化。灰皿がなくなり、さらに喫煙所が減るという、愛煙家は真っ青になりそうなスパイラルが起きています。

 たばこは長らく紳士のたしなみであり、コミュニケーションツールでした。話のきっかけに「まあ、一服」とたばこを差し出すのが、会話のテクニックだった時代もあります。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。